名作ホラーゲーム『クロックタワー』のディレクター・河野一二三氏による『クロックタワー』の“精神的続編”として『PLAYISM』から2016年に発売されたホラーゲーム『NightCry』。ゲーム中に登場する不死身の怪物“シザーウォーカー”のフィギュア化が決定したことを『PLAYISM』が発表しました。

『サイレントヒル』シリーズなどのゲームフィギュアを手掛けてきたGecco社が制作を担当。『サイレントヒル』シリーズのクリーチャーデザインで知られ、“シザーウォーカー”の生みの親である伊藤暢達氏と河野一二三氏が監修を務めます。

価格や販売時期は未定。7月20日から23日までアメリカ・サンディエゴで開催されるコミコン(COMIC-CON)のGecco社ブースで、彩色見本版の先行展示を開始しているとのこと。

『NightCry』はPC版が『PLAYISM』と『Steam』で販売中で、PlayStation Vita版が現在開発中。

NightCry
http://playism.jp/game/420/nightcry