“恋人への暴行容疑”ラッパーIRON、懲役8ヶ月・執行猶予2年の宣告受ける

写真拡大

裁判所が傷害及び脅迫などの容疑が持たれているラッパーIRONに対し、懲役8ヶ月・執行猶予2年を言い渡した。

20日午前、ソウル瑞草(ソチョ) 区ソウル中央地方裁判所刑事15単独にてIRON(本名:チョン・ホンチョル) の、傷害及び脅迫などの容疑に対する宣告公判が開催された。同日、裁判部はIRONに「容疑を否定しているが、被告人の主張を受け入れることはできない」とし「懲役8ヶ月、執行猶予2年、社会奉仕80時間を宣告する」と述べた。

裁判部は「被告人(IRON) は、犯罪の事実を否定している。しかし、2016年9月の暴行に関して、被告人が拳で被害者の顔を殴った事実が認められる。被告人の主張通りに被害者が『殴ってほしい』と求めたとは見られない。2016年10月の暴行についても、被告人の主張は受け入れ難い」と宣告の理由を明かした。

IRONは昨年9月に元恋人の顔などを殴った容疑で在宅起訴され、刑事裁判を受けてきた。

ラッパーIRON、恋人への暴行容疑で不拘束起訴…大麻吸引に続きまたトラブル

“恋人への暴行容疑”ラッパーIRON、検察が懲役1年を求刑