[シンガポール 20日 ロイター] - 20日のアジア市場で、原油価格は底堅い値動き。米国の原油在庫減少を受け、前日は急伸していた。0132GMT(日本時間午前10時32分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は1バレル=49.67ドルと、前日比0.03ドル安。

ウェスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)原油先物<CLc1>は同47.08ドルと、0.04ドル安。

フォレックス・ドット・コムのマーケット・アナリスト、ファワド・ラザクザダ氏は「米原油在庫は過去15週で13回減少。そのほとんどにおいて予想以上の減少となっている」と指摘。「ただ米原油在庫は依然として、1年のうちのこの時期の平均レンジの上半分付近で推移している」と述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)