ボリウッド版「ランボー」にスタローン関わらず

写真拡大

シルベスター・スタローンが、ボリウッド版「ランボー」に出演することはないようだ。

スタローンは1982年の第1弾を皮切りに全4作品が製作された大人気シリーズの中で、ベトナム帰還兵ジョン・ランボーを演じていたが、このストーリーがシッダース・アナンドによってボリウッド版として生まれ変わることになった。

インド映画界で活躍するタイガー・シュロフがランボー役を演じることに決定している同作品だが、スタローンがカメオ出演することはないようで、本人は自身の広報担当を通してデッドラインに「どんな形であれ、タイガー・シュロフが主演を務める『ランボー』に関わることはありません。彼らの作品がうまくいくことを願っています」とコメントしている。

その一方で、タイガーは今年のカンヌ国際映画祭で、自身が演じるランボーがスタローンの演じたランボーの良さを失うことはないといい、2018年公開予定のボリウッド版「ランボー」撮影前に一度スタローンに会いたいと語っていた。

そんなスタローンは現在「ロッキー4/炎の友情」でドルフ・ラングレンが演じたキャラクター、イワン・ドラゴも登場する「クリード チャンプを継ぐ男」の続編制作に忙しくしているところだ。2015年公開の「クリード チャンプを継ぐ男」は「ロッキー」シリーズのスピンオフ作品となっており、同作品の中で7度目となるロッキー・バルボア役を演じたスタローンは2015年度ゴールデン・グローブ賞助演男優賞を受賞した。