映画『銀魂』への原作者・空知英秋のメッセージコメント全文 (C) 空知英秋/集英社

写真拡大

7月14日に公開され大ヒットスタートを切った映画『銀魂』。これを記念し、原作者・空知英秋のメッセージコメント全文が解禁となった。

菅田将暉、橋本環奈の鼻ほじに「とてもアイドルがやることとは思えない」

このコメントは7月14日発売の「映画 銀魂 SILVER MEMORIES ビジュアルブック」(集英社刊)に掲載されているもので、7月10日に多くの部分にモザイクが入った形で、一部が解禁となっていた。今回、改めて全文が解禁となった形だ。

その内容は「皆さんがこの本を手にする頃に既に映画は公開され、ヤフーレビュー等で袋叩きになり やっぱり銀魂は空知先生が一番だな という書き込みを読んで 僕がほくそ笑んでいる頃でしょうが」という邪悪な文章からスタート。

「実写が合わなかった人達、そしてこれから映画を観に行く奇特な人達のために ここさえおさえて見れば絶対面白いよという僕なりのオススメポイントをまとめてみました」と続けると、原作者ならではのオススメポイントが11項目に渡って羅列されている。その内容は以下の通り。

1.小栗くんのアゴ芸(この映画でしか見れません)
2.菅田くんのボタン(あっそういう風になってたんだ)
3.環奈ちゃんのハナクソ(10万円で売ってください)
4.環奈ちゃんのゲロ(じゃぁ20万でどうですか)
5.また子のまた(ムラムラします)
6.まさみのまさ(ムラムラします)
7.佐藤二朗(全部面白いです ただし全部ただの二朗です)
8.桂を背後から狙うスナイパー(かつら うしろォォォ!!)
9.高杉が天人と一緒に立ってる絵ヅラ(いや君はもうとっくにブッ壊れてるよ)
10.消えるエリザベス(いやそんな設定ねェよ)
11.裏主題歌(これ配信とかしたら また一儲けできますぜ どうですか福田のアニキ)

また、空知は「というカンジで ほぼムラムラしてるだけですが 後半 ほぼ悪口ですが こんな所に着目して観ていただけると また新たな発見 新たなダメ出しを楽しめるんじゃないでしょうか」と続けると、最後は7月10日時点で明かされた(モザイクが入っていない)「そんな何度観ても楽しめる お祭り映画になっておりますので どうか皆さんパイレーツオブカリビアンに勝たせてください 1回くらい ここでくらい海賊に勝たせてください いいでしょ ダメ?」と結んでいる。

ちなみに『銀魂』は7月15日、16日の週末土日2日間の興行通信社が発表しているランキングで、『劇場版 ポケットモンスター キミにきめた!』には負けたものの、2位デビュー。『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は3位となっており、見事、海賊に勝利した。

ただし、興行通信社のランキングは観客動員数をベースにしたもので、興行収入ではこの土日も『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が『銀魂』を上回っており、まずは1勝1敗で五分の星、空知の夢は半分は叶ったという形だ。