約1年振りのリリースとなったSKE48 21stシングル『意外にマンゴー』が、7 月19 日(⽔)いよいよ発売⽇を迎え、Zepp NagoyaとZepp Tokyoにて、48グループ史上初の試みとなる2会場同時開催のリリース記念ライブ「SKE48『意外にマンゴー』公演 Supported by ゼロポジ」を行った。

 オープニング前の影アナでは、名古屋会場代表のキャプテン⻫藤真木子と東京会場代表の高柳明⾳が、電話でトーク。両会場の様子を伝え合うとカウントダウンに入り、『意外にマンゴー』公演がスタートした。

■名古屋会場

 16 時過ぎ、Zepp Nagoyaで1回目公演の幕があがると、今回の公演までの道のりやメンバーのSKE48にかける想い、名古屋会場に出演する34人のVTRがスクリーンに映し出され、名古屋会場に集結した34人のメンバー全員で『意外にマンゴー』を披露。センターに大抜擢された⼩畑優奈を中⼼に、フレッシュな弾けるパフォーマンスでオープニングを飾った。続いてSKE48もうひとつのマンゴーの曲『マンゴーNo.2』と、SKE48夏の代表曲とも言える『パレオはエメラルド』を全員で披露。

 MC では斉藤が「『意外にマンゴー』の発売を記念して、リリース⽇にこうしてライブを⾏うことができました!さらに、今回は名古屋と東京の会場に分かれて、SKE48の全メンバーが出演しています!AKB48グループでは史上初の試みです!!」と挨拶。今月末での卒業を発表している⼆村は「SKE48として最後の⼤きなステージになると思うので、今⽇は名古屋のみなさんと精一杯盛り上がっていきたいと思います」とコメントした。

 今回の『意外にマンゴー』公演は、斉藤と高柳が制作に携わり、SKE48のレギュラー番組 TBSチャンネル『SKE48 ZERO POSITION』のスタッフと一緒に考えたセットリストで、MC を務める後藤楽々が、この公演のテーマが【夏曲】【意外なユニット】【意外なセンター】になっていることを発表。「ふたり(⻫藤・高柳)がやりたいことを提案した “意外なSKE48” を今⽇は楽しんでください」と挨拶した。

 ユニットパートは小畑がセンターを務め、AKB48の楽曲『渚のCHERRY』でスタート。楽々に「ゆなな(小畑)がとにかくやりづらいバックダンサー」と紹介された ⼤矢真那・⻫藤・市野成美・福⼠奈央の4人の前で、さくらんぼが大好物という小畑が愛くるしいアイドル姿でファンの視線を集めると、ノリノリになった⼤矢が途中で⼩畑を突き飛ばし、センターを奪うというハプニングも!

 『涙の湘南』では、歌唱力に定評のある松井珠理奈・惣田紗莉渚・古畑奈和・内山命・⽝塚あさなの5人が息の合った迫力のパフォーマンスを披露。“借り物夏曲メドレー” と題したパートでは、他グループの楽曲を借り、AKB48の『Everyday、カチューシャ』(センター:佐藤すみれ)、NMB48の『ドリアン少年』(センター:⼭内鈴蘭)、乃木坂46の『ガールズルール』(センター:後藤理沙子)をパフォーマンス。意外な楽曲で意外なメンバーがセンターを務めるという⾒どころ満載なステージに会場のボルテージも一際アップ。

 アンコールでは、珠理奈が「発売⽇当⽇にメンバー全員で、アピールできる場が嬉しいです。メンバーはもちろんファンの皆さんの盛り上がりを見て、改めてSKE48最高だなと思いました!この勢いで進んでいきます。」とコメントし、小畑は「発売⽇当⽇にライブができて嬉しいです。やっぱりライブの熱さはSKE48にしかないものだなと思います。これからもみなさんと盛り上がれる機会をたくさん作れるように頑張りますので、応援お願いします」とコメンした。

 最後に⻫藤が「平⽇のライブにも関わらずこんなにたくさんの人に来ていただいて有難うございます。発売⽇、いつもは選抜メンバーを中⼼としたメンバーでのPR が多いですが、 SKE48全員が、SKE48のCD発売をお伝えする場があるというのがありがたいなと感じています。いつもお世話になっている馴染み深いZepp Nagoyaで出来て更に嬉しいです!SKE48がだんだん変わって来てるなって感じることができました。もっともっと次は大きな会場でこの景⾊を見ていただけるように、私たちも頑張っていきたいと思いますので、これからも温かい応援をよろしくお願いします」と挨拶。

 最後に再び『意外にマンゴー』をパフォーマンスし、1回目の幕が降りると思いきや、斉藤が突如スタッフにメモを手渡され「珠理奈さんと小畑優奈ちゃんに業務連絡です。名古屋での宣伝はできたので、次は東京会場で宣伝してきてください!」とメモに書かれた指令を読み上げ、会場は騒然に。果たして東京会場のライブ終演に間に合うのか?!名古屋会場のファンに見守られながら、ふたりは東京会場 Zepp Tokyoに向かいました。

 名古屋会場2回目の公演では、アンコール後に6月26日のチームS公演で卒業を発表した⼤矢の卒業曲『永遠のレガシー』(『意外にマンゴー』Type-Dに収録)を初披露。メンバーに⾒守られながら熱唱したが、歌い終わると⼤矢は『どうだった?』と軽い口調でメンバーに質問し、しんみりとした会場のムードを一転。感極まって泣いている都築里佳を見つけると『やったー!泣いてくれたー!!』と、⼤矢らしく茶化して、会場の笑いを誘った。

 エンディングの『意外にマンゴー』では、今月末卒業予定の二村春⾹がセンターを務めパフォーマンス。斉藤が本⽇のオリコンデイリーチャート1位獲得のニュースを会場に報告し、ファンからの大きな拍手につつまれたまま、名古屋会場2回目公演は幕を閉じた。

■東京会場

 ⼀方のZepp Tokyoには、35人のメンバーが集結。名古屋会場と同じく19 日発売の『意外にマンゴー』『マンゴーNo.2』『パレオはエメラルド』でオープニングを飾った。MCでは⾼柳が48グループ史上初の同時開催ライブであることを会場に告げ「“初”って気持ちいいね〜〜!」と挨拶。

 1回⽬のユニットパートは、⻘⽊詩織・⽵内彩姫・⽇高優⽉の3人で『恋よりもDream』を披露。北川綾巴・鎌田菜月・北野瑠華・須⽥亜⾹里の4人でNot yetの楽曲『⻄瓜BABY』をパフォーマンスした。“借り物夏曲メドレー”パートでは、AKB48『Everyday、カチューシャ』で⾼木由⿇奈が、NMB48『ドリアン少年』で松村香織が、乃木坂46『ガールズルール』で⼤場美奈がセンターを務め、こちらも意外なセンターに会場は⼤盛り上がり。

 2回目の公演では、ユニットパートで⾼柳と⽔野が『ここで一発』を披露し、アンコール1曲⽬の『アイシテラブル!』を全員で披露し終えたところで、⾼柳がオリコンデイリーチャート1位獲得のニュースを報告。ここで、珠理奈と⼩畑が無事に東京会場に到着し、小畑が「この曲の歌詞は成⻑していく⼥の⼦の歌詞で私達と照らし合わせて聴いてほしいですし、これからどう成⻑していくのかを⾒ながら聴いてほしいと思います」と挨拶し、『意外にマンゴー』を東京でもしっかりとPRした。

 最後に、マンゴー⾊のオレンジのペンライト一⾊に染まる会場で『意外にマンゴー』を珠理奈と⼩畑含む37人で披露。⼤盛況の中、幕を閉じた。

(C)AKS