松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

米紙特集でV筆頭に選出、「サンデー・ヒデキ」を評価「彼はメジャー優勝者になる」

 海外男子ゴルフのメジャー大会、全英オープン(ロイヤルバークデールGC)は20日に開幕する。注目の松山英樹(レクサス)は日本人史上初となる四大メジャー初制覇に期待がかかるが、海外メディアから優勝候補の筆頭に選出されている。米地元紙「ボストン・グローブ」が報じた。

 ついに「ヒデキ・マツヤマ」はV候補の本命に躍り出た。

 難コースとして知られるロイヤルバークデールで行われる全英オープン。今大会必見の5選手を特集した記事によると、日本のエースの評価は極限まで高まっている。

 世界ランク14位のトミー・フリートウッド(英国)、23位のルイ・ウェストハイゼン(南アフリカ)、10位のリッキー・ファウラー(米国)、前回王者で8位のヘンリク・ステンソン(スウェーデン)という名だたる名手とともに、2位の松山が紹介されている。

 寸評では、最終日に見せる驚異的な「ヒデキ・チャージ」が評価されている。

「日本からやってきた25歳はメジャーの舞台でブレークを果たす全盛期を迎えたようだ。彼はマスターズで11位タイとし、全米オープンでは2位タイだった。最終ラウンドは『66』で周り、優勝をかっさらうかに見えた」

過去5日間の日曜に計23アンダー「今週はマツヤマの順番のように思える」

 6月の全米オープンで強風など厳しい環境の中、最終日のベストスコアとなる「66」を叩き出した実力を認め、「日曜日のマツヤマ」について“警戒”を求めている。

「彼が予選を突破すると仮定して、日曜日のマツヤマには気をつけなければいけない。彼は過去5日間の日曜日に合計で23アンダーを記録している。4つのラウンドで60台を、1つのラウンドで70台を記録している」

 そして、特集では名手5人の寸評で比較後、「勝つのは誰か?」という結論で、日本のエースを挙げた。

「最近7大会のメジャーではメジャー初優勝者によって制された。今週はマツヤマの順番のように思える。彼はメジャー優勝者になるだろう」

 記事では松山優勝を力強く後押し。3位のジョーダン・スピース(米国)も米地元紙で「彼はメジャーで他の誰よりも優勝する可能性があるんだ」と絶賛するなど、ライバルも松山の力を認めている。

 これまでもメジャー大会の優勝候補にはたびたび挙げられてきたが、ついにその筆頭に推された松山。日曜日に炸裂する「ヒデキ・チャージ」で悲願の栄冠を手繰り寄せることができるだろうか。