学生の窓口編集部

写真拡大

こんにちは、千葉大学2年のながしまです。

みなさんはバイトを選ぶときになにを重視しますか? 私は第一に時給、第二に短期や単発であることです。無期限だとなぜかやる気がなくなってしまうので、この2つの条件をクリアしているバイトをしたいといつも考えています。この条件を満たしているバイトといえば、そう! 派遣バイトです。私は今までいくつもの派遣バイト会社に応募・登録してきました。今回は私の経験から派遣バイトに応募するときの注意点やメリット・デメリットについてご紹介します!

腹黒度診断! あなたの隠れた本性が丸わかり?!

■派遣バイトのメリット

1.高時給

派遣バイトはさまざまな業種がありますが、一般的に時給が高いことが特徴です。私が住んでいる千葉県でもほとんどが1000円以上ですし、都心なら1500円以上を超えるところも少なくありません。やはり働くなら時給は高いほうがいいですよね! 効率よくたくさん稼ぎたい人にはとてもおすすめです。

2.短期、単発

派遣バイトは日雇いや1か月だけなどの期間限定がほとんどです。だから面倒な人間関係に悩まされることもありませんし、勤務時間が決まっているので残業もほとんどありません。「ちょっとこの仕事興味あるな」という気軽な気持ちでいろいろなお仕事に挑戦できます。「忙しくてレギュラーはきつい……」という人も空いた時間だけサクッと働くことができますね!

■派遣バイトのデメリット

1.実際に働くまでに時間がかかる

派遣バイトでは通常、派遣会社に登録し、紹介された仕事から自分が希望する職場を選んで希望が通れば、実際に働くことができます。そのため、希望者多数の職場だと働けないこともあり、再び要望に合う仕事を紹介されるのを待たなければいけません。希望が通っても、それから派遣先の職場の方と面接をし、合格したら勤務開始という場合もあります。このように、直接雇用であれば応募→面接→勤務であるところ、派遣ではさらに工程が増えてしまい、すぐに勤務できないことがあります。

2.シフトの融通が利かない

派遣バイトは応募条件ですでにシフトが固定してあることが多いです。「9:00〜17:00で週3から」などフルタイム勤務が多く、そうなると平日は授業で埋まっている学生は働くことができません。実際に私も応募先の派遣会社に、「平日に1日も空いている日がないと難しいです」と言われ、断られてしまったことがあります。

■応募するときの注意

以上のメリット・デメリットを踏まえて、派遣バイトに応募するときは

・勤務するまでにどのくらい時間がかかるか
・自分の予定との兼ね合い

この2つの点に注意して応募するといいと思います。また、応募した仕事ではない仕事を紹介されることもよくあるので、「この仕事じゃないとやりたくないなぁ……」と思った場合は応募を辞めるのが賢明です。

■まとめ

アルバイトをすることによって、学生生活をもっと豊かにすることができると思います。派遣バイトは手軽に始めやすいですが、デメリットもあるのでご注意を。ちなみに私は大学生活の初めの頃は派遣の短期バイトばかりやっていましたが、仕事が終わるごとに新しい仕事を探すのが面倒になり、結局今ではレギュラーのバイトをはじめました(笑)。レギュラーバイトに加えて時間に余裕があるときに単発のバイトをやるのもいいですね。ぜひ自分のスケジュールに合わせてチャレンジしてみてください。

文・ながしま