在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)中央常任委員会が17日、金正恩党委員長の朝鮮民主主義人民共和国元帥推戴5周年に際して、祝賀の手紙を送った。朝鮮中央通信が19日、報じた。

手紙は、「祖国を世界有数の核保有国、人工衛星製作および打ち上げ国に推し立てたし、『火星14』型試射の大成功で世界最強の大陸間弾道ロケット保有国に急上昇させた」としながら金正恩氏を激賞した。

また「総聯の活動家と在日同胞は、遠からず人民の全ての夢と理想が現実化する隆盛・繁栄の祖国と共に在日同胞の幸福も満開するようになるという信念をいっそう固く刻み付けている」と述べた。

さらに、「総聯は金正恩委員長が明示した祖国統一方針に従って全同胞の統一大進軍に積極的に合流し、在日同胞の愛国衷情を集めて祖国の社会主義強国の建設に特色のある寄与をする」と強調した。