指紋を読み取るTouch IDセンサーが、iPhone 8のどこに搭載されるかについては諸説ありますが、今回公開された写真は「背面」説を裏付ける材料になるかもしれません。

iPhone 8の製造工場から流出?

『SLASHLEAKS』で公開された写真を見る限り、デザインは背面にTouch IDセンサーを搭載するタイプと同じようです。電波を通すために必要な樹脂パーツを装着する部分も削られています。

他のパーツが装着されていないこと、塗装や着色加工が施されていないことから、ボディの製造を担う工場から流出した可能性が考えられます。

今回公開された写真には簡単な説明しか付いていないため、撮影した人物・場所の情報はまったくわかりません。

疑問点:背面はガラスではなく金属に変更?

『iPhone 7』と同様、金属の塊を削り出してボディをつくる製法が使われたようです。機械で研磨したとみられる跡もあります。

しかし、iPhone 8は金属フレームを2枚のガラスで挟む構造になると噂されています。これが事実なら、背面は強化ガラスを装着できる構造になっているはずなので、今回の写真のようなボディにはならないと考えられます。

背面にガラスを採用する背景には、iPhone 8で搭載されるワイヤレス充電も関係しているようです。

元にした情報が正確なのかは分かりませんが、iPhone 8の設計図とされるものはすでに出回っているようです。これを元に制作した偽物という可能性もあります。

参考

Alleged iPhone 8 rear shell with rear-mounted Touch ID sensor « SLASHLEAKS