本当にモテる人だけが持つ能力?「符号解読能力」を身につける方法

写真拡大

男女問わず、なぜかどこにいてもモテる人っていませんか?
そしてモテる人は不思議なことに、必ずしも美人とかイケメンとか、見た目が良い人ばかりとは限らないんですよね。

今回は「モテる人はなぜモテるのか」という謎のカギとなる、モテる人に共通する能力についてお伝えします。

◆モテる人は相手をよく見ている


モテる人って飛び抜けて外見が良いというより、話しかけやすい雰囲気だったり、そばにいて、なんとなく落ち着く感じの人だったりすることが多いのではないでしょうか。

いつもナチュラルな笑顔で、周りには様々なタイプの人がいる…そうなんですよね。特定の人たちだけにモテるんじゃなくって、いろいろなタイプの人に人気があるんです。

それってなぜだと思いますか?

実はモテる人の多くは、自分からモテようとか、こうしたらモテるといったことはあまり考えていません。もちろん例外もありますが…。

モテる人はたいていの場合、周りの人をよく観察していて、相手の感情や性格を自然に見抜くようです。

無意識にそうしているので、自然と相手に合わせることもできます。だから「感じがいいな」と思うし、こちらからも話しかけやすいのです。

◆モテる人が持っている能力


こういったモテる人が持っている能力は、心理学的には「符号解読能力」と言います。
こちらは、みなさんにとっては聞き慣れない言葉かもしれませんが、符号化(自分の感情を言葉だけでなく、しぐさや表情に表すこと)を察する能力のこと。

たとえば、イライラしている時は眉間にシワを寄せて落ち着かない素振りをする、緊張している時には、視線を合わせずにキョロキョロしてしまうなど、心の中の様子って自然と現れるものですよね。

日常的に一緒にいる恋人や家族のことであれば、ある程度はわかる、という人も多いと思いますが、この符号解読能力がある人は、初対面の人の感情も読み取ります。

さらに自分の感情も、わざわざ言葉にせずとも相手にうまく伝えてしまうのです。女性であれば、しぐさや視線だけで甘えられるので、男性は多くを語り合わなくてもメロメロになることも…。

正直、うらやましいですよね。この能力が高い人は、恋愛のみならず仕事にも活かすことができます。
中でも、営業や接客業といった人と関わる業務、占い師やカウンセラーのようなメンタル系のお仕事をするのに向いているでしょう。

◆符号解読能力を高めるコツ


ところで、気づいたらモテていたという人は、もともとこの符号解読能力が高い傾向にあるのですが、それ以外の人も、ちょっとしたコツを押さえて訓練すれば、身につけられる可能性があります。

生まれ持ったものには叶わないかもしれませんが…ポイントは人をよく観察して、相手の立場に立ち、思いやりを持って行動することです。

まずは身近な人の行動を観察しつつ、「今どんな気持ちかな?」と想像してみましょう。

たとえば、この行動は相手が喜んでいるサインかな?それとも嫌がっているサインかな?と考えてみるとわかりやすいと思います。

【符号化のサインの例】



・話しながら、まばたきしている→うれしい時や恥ずかしい時のサイン

・腕組みして話を聞いている→相手のことを拒絶しているサイン

・いつもあごを上げて話している→自分のほうが立場が上だと思っているサイン

・瞳孔が開きキラキラしている、身を乗り出して話す→相手のことが好き、一緒にいるとうれしいサイン

このほかにも符号化のサインはたくさんあります。自分に置き換えてイメージしたり、心理学の本を読んでみたりすると、もっといろいろなことがわかるようになりますよ。

◆印象アップをはかりたいなら


符号解読なんて自分には無理?いいえ、そんなことはありません。ぜひ諦めずにチャレンジしてみてください。
少なくとも、大好きな彼の感情は読み取れるようになるといいですね!

ライタープロフィール


バニラ
メンタルセラピスト&占い師&フリーライター
美容とメンタルの仕事を30年以上!現在は、経験を活かしてタロット占いとメンタルセラピーを組み合わせたメール鑑定を行いながら、フリーライターとして活動中!
Twitter:バニラ@vanilla0717