アメリカでさまざまな兵器が開発されていた冷戦のさなか、ある研究施設で清掃員として働く女性が、ラボで作られた極秘の「クリーチャー」を目撃してしまうというギレルモ・デル・トロ監督の新作映画が「The Shape of Water」です。ホラー映画のような設定ですが、声を発せない女性は徐々にクリーチャーとのつながりを強め、のちに「彼女はまるで声を失ったお姫様だった」と語られるなど、ロマンスありのおとぎ話となっています。

The Shape of Water | Official Trailer | FOX Searchlight - YouTube

響き渡る目覚まし時計のアラーム。



部屋の主である女性は衣服を着替えて……



カレンダーをめくり……



靴を磨きます。



時計を磨きつつ出社。規則正しく行動しています。



タイムカードを押し……



時計の針がぴったり12時を示しました。



女性の仕事は清掃員の模様。



床についたガムをはがします。



……が、作業しているのは何やら謎の巨大機器のある部屋。どうやら研究機関で清掃員をしているようです。



また翌日も、朝目覚めて……



靴を磨き……



時計を確認しつつ出社。



さきほどとは別の部屋の清掃中。



タンクのようなものを触っていると……



中から大きな手がガラスをたたきます。



クリーチャーの存在を知ってしまった女性は呼び出しに合い、管理職のような男性が「彼女は耳が聞こえないのか?」と尋ねます。



女性は耳は聞こえるのですが、話ができない模様。



女性は、その後、極秘の研究ラボの清掃を命じられ、ガラス越しではなくダイレクトに「何か」を目にします。



水槽のふちに卵を並べると……



「何か」が顔を出しました。



鎖につながれたクリーチャー。



研究所の男性は「二本足で立つので、一見すると人間のように見えるかもしれないが、それの内臓は私たちが作った」と語ります。



女性は手話でクリーチャーに言葉を教えていき……



研究者がそれを目撃。



「このクリーチャーは言語や感情を理解します。知能のある生き物なのです」と男性を説得。





女性はまるで恋をしているかのような表情に。



「彼は私と話す時、私が不完全であると考えない。彼は私を私として見る」として、自分の気持ちを話します。





小躍りになったり……



清掃中はデートのよう。





女性とクリーチャーの間に、言葉を越えたつながりが生まれ始めます。



しかし、一方でクリーチャーは、まるで奴隷のように扱われます。





女性は監視カメラの位置を動かし、徐々に不穏な雰囲気に。





注射を用意する研究者。



謎の人影。





映画館には血まみれの手形があり……



映画館の中にはクリーチャーが立っていました。



水であふれかえる部屋。



「彼女は何て言っているんだ!」





警察沙汰になり……



浴室にはクリーチャーの痕跡。





殺人へと発展していきます。





なお、The Shape of Waterのアメリカでの公開日は2017年12月8日。日本での公開日については記事作成時点で未定です。