映画『光』三浦しをん原作の井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミらが演じる苛烈な人間ドラマ

写真拡大

映画『光』が2017年11月25日(土)より、新宿武蔵野館、有楽町スバル座ほか全国ロードショーされる。

原作は、映画化もされた『舟を編む』で本屋大賞を受賞した三浦しをんの同名小説。徹底的に人間の闇を描き、ファンの中で評価を得ている一作だ。映画『セトウツミ』、『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督の手により待望の映画化が実現。

東京の離島、美浜島で暮らす中学生の信之。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。ある日、信之は恋人の美花を救うために男を殺してしまう。しかし、そのとき津波が島に襲いかかり全てを消滅させた。それから25年後、妻子とともによき父として暮らしている信之、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花、誰からも愛されずに育った輔。島を出てバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる。

苛烈なる人間ドラマを表現するのは、豪華なキャスト陣だ。生まれ育った東京の離島・美浜島を離れ、どこにでもある幸せな家庭を手にし平穏に暮らす信之は井浦新、信之の元に25年ぶりに現れ島で起きたある秘密をほのめかす幼馴染の輔は瑛太、島で暮らしていたころ信之と交際し大人になって東京で女優として大きな成功を収めている美花は長谷川京子、 夫である信之にある秘密を抱えている美しい妻・南海子は橋本マナミが演じる。

かねてより競演を望んでいた井浦新と瑛太の狂気と怪物性、そして長谷川京子、橋本マナミの色気と母性がスクリーンに吸い込まれるような熱情を放つ。公開されたポスタービジュアルも、25年前の離島の事件が再び動き出す、不穏な空気を感じさせるものになっている。

【詳細】
映画『光』
公開日:2017年11月25日(土) 新宿武蔵野館、有楽町スバル座 ほか全国ロードショー
監督・脚本:大森立嗣
キャスト:井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミ、南果歩、平田満
原作:三浦しをん(「光」集英社文庫刊)
音楽:ジェフ・ミルズ
配給:ファントム・フィルム
©三浦しをん/集英社・©2017『光』製作委員会

【あらすじ】
東京の離島、美浜島。中学生の信之は、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。ある夜、恋人の美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして彼は美花を救うために男を殺してしまう。 その夜、津波が島に襲いかかり全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。それから25年後、妻子とともによき父として暮らしている信之、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、信之と美花の前にやってくる。島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる―。


[写真付きで読む]映画『光』三浦しをん原作の井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミらが演じる苛烈な人間ドラマ

外部サイト

  • 映画「トリガール!」主演・土屋太鳳、監督・ヒロイン失格の英勉 - 空飛ぶ青春ラブコメ
  • 映画『アウトレイジ 最終章』監督・北野武、“全員悪人”シリーズ完結 - 物語はビヨンドのその後
  • 「命短し恋せよ乙女」展を弥生美術館で - 明治末〜大正の世間を賑わせた”恋愛事件”を紹介