有吉弘行

写真拡大

19日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)で有吉弘行が、呼ばれたものの複雑だった音楽番組を明かした。

番組では、25歳会社員からのメール「ライブを最前列で見ているのに盛り上がっていない人って何なんでしょうか?」を紹介した。すると有吉は、2009年に音楽番組「Music Lovers」(日本テレビ系)に出演したときの苦い思い出を語りだす。

同番組は、ゲストのタレントが特集されるアーティストへの思い入れを語り、ライブを最前列で見るのがお決まりだった。郷ひろみの回で、有吉は当時ブレークしていたあだ名を付ける特技で呼ばれていた。

しかし有吉はライブの最前列で盛り上がることができず、じっとしていたというのだ。音楽に合わせ、観客が一体となって身体を揺らすこともできないのだと訴える。

同番組に松任谷由実の回で呼ばれたマツコも「あれ困るよね!」「『Music Lovers』は試される。あの前のふたり(のゲスト)は」と強い共感を示す。有吉も「(最前列なのは)すっごい嬉しいんだけどね。いいなと思うんだけど…」と複雑な心境を明かしていた。

【関連記事】
みやぞん 有吉弘行をめぐり天然ボケ炸裂「有吉さんて、あのドロンズ…」
有吉弘行がとんねるずの番組でさせられた過酷なロケ スカイダイビングを1日3回
マツコ・デラックスが芸能界での心残りを告白…有吉弘行からあだ名もらえず