画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは全世界750台限定で生産されるレース向けモーターサイクル「HP4レース」の受注を開始し、11月から順次、納車を開始すると発表した。世界で初めてカーボンファイバー製メインフレームとカーボン・ホイールを使用している。

「HP4レース」はBMWモトラッドの少人数専門チームによって手作業で製造され、カーボンファイバー製のフレームを採用するなどレース向けモーターサイクルとして高品質を保ちながら、軽量化も実現している。総重量は走行可能な燃料満タン状態で171kgであり、スーパーバイク世界選手権のマシンを下回るレベルとなっている。

オール・カーボンファイバー製のメインフレームは重量7.8kgで、ホイールにも同じくカーボンファイバーを使用した。このホイールは鍛造軽合金ホイール比で約30%の軽量化を達成している。フェアリングやインテーク・エア・サイレンサー・カバー、シートカウルもカーボンファイバー製で、燃料タンクはアルミ製となっている。

エンジンはFIM世界耐久レースとスーパーバイク選手権の仕様6.2および7.2に準じたレース用エンジンを搭載。最高出力は215PSで、レブ・リミットは「S 1000 RR」の14,200rpmより高い14,500rpmとなっている。さらにレース用6速クロスレシオ・ギヤボックスを採用して減速比を最適化するとともに、シーンに応じて二次減速比を調整できるように、各種ピニオンとチェーン・スプロケットが同梱されている。「HP4 レース」の価格は1,000万円(税込)。