夏のメークは大変

写真拡大

7月も下旬に入り、日に日に日ざしが強くなってきた。この時期、多くの女性が悩まされるのが、流れ出る汗や皮脂による化粧崩れ! せっかく朝メークしたのに、お出かけ先や勤め先で何度も化粧直した経験はありますネ。

そんな悩みを、「あるもの」を冷やすだけで解決、朝のメークを最高の状態に仕上げ、キープ力をアップする裏ワザを紹介する。

マラソン完走後の汗顔でもメークばっちり

都内に住む羽賀友美さん。夏は、汗っかきで朝にしっかりメークしても3時間で化粧崩れしてしまう。

羽賀さん「もう、ファンデーションが汗でグジャグジャになり、水に浮いた泥のような状態になってしまいます」

そこで、ヘアメーキャップアーティストの長井かおりさんに、とっておきの「冷やしメーク術」を教えてもらうことになった。長井さんは有名女優やモデルのメークを多く手掛けているプロ中のプロだ。ランニングが趣味で、ハワイマラソンのハーフ(21キロ)を完走した直後の笑顔のアップ写真を見せた。バッチリしたアイラインに口紅。汗でドロドロになってもおかしくないのに、キレイなまま。

長井さんが羽賀さんに「お出かけの時は、化粧直しの道具を持っていきますか?」と聞くと、羽賀さんは「もちろん」と言うように大きくうなずいた。しかし、長井さんが「私は朝きちんとやれば夜まで崩れないので、持ち歩きません」と言うと、羽賀さんはびっくり。いったい、「冷やしメーク術」とはどんな方法なのだろうか。番組では視聴者参加のクイズを出した。次の4つのうち何を冷やしてメークすると化粧が崩れにくくなるのか、テレビのリモコンのdボタンを押して投票してもらった。

(1)化粧水を冷蔵庫に入れて冷やす。

(2)ファンデーションを冷蔵庫に入れて冷やす。

(3)スポンジを冷蔵庫に入れて冷やす。

(4)顔(冷水を洗面器に入れて顔をひたす)。

結果は、化粧水が約5割、ファンデーションが約3割、スポンジと顔が約1割と、圧倒的多数が化粧水とファンデーションだった。番組ゲストの女優でモデルのシシド・カフカさんもファンデーションと答えた。ところが正解はスポンジである。

なぜ、冷やしたスポンジを使ってメークすると化粧が崩れにくくなるのだろうか。皮膚科医の吉木信子さんがこう解説した。

吉木医師「夏は暑くて汗もたくさんかきますし、過剰に皮脂が出てくる季節なので、朝ばっちりメークをしても簡単に崩れてしまいます。そこで、化粧を崩れにくくするには、ベースメークをしっかりと肌に密着させることが大切。まず、濡らして冷やしたスポンジで顔をふくと、肌が冷えて汗の分泌が抑えられます。また、スポンジで肌をふくことによって皮脂を吸い取り、土台がすべすべしてファンデーションがしっかり肌に密着して化粧持ちが格段によくなるのです」

仕上げはミスト化粧水をふんわり頭上へ

長井さんが羽賀さんをモデルに具体的な方法を指導した。

【用意するもの】

30個入り300円程度のお値打ち使い捨てメーク用スポンジ。リキッドファンデーション。おしろい。ミスト化粧水。

【やり方】

(1)タッパーなどにスポンジを出来るだけ多く水と一緒に入れ、冷蔵庫の中で冷やしておく。使う時はしっかりと固く絞る。

(2)リキッドファンデーションを顔に置き、しっかりと絞った濡らし冷やしスポンジで薄く伸ばしていく。シミやクマなどの気になる部分はファンデを重ねてタップする。

(3)おしろいを使い、崩れやすいTゾーンをパフでしっかりと乗せる。他の部分はブラシでふわ〜っと乗せるようにする。

(4)仕上げにミストの化粧水を頭上にふんわり吹きかけ、落ちてくるミストが顔に当たるように、手のひらをヒラヒラとプッシュしてしっかりと顔に密着させる(※ミストをストレートに顔に吹きかけるはダメ)。

メークをし終わった羽賀さんは「うわ〜、しっかり密着して気持ちがいいです!」と笑顔。その後、腹筋やジャンプ、腕立て伏せ...と20分間激しい筋トレを行ない汗をたっぷりかいてもらった。しかし、化粧はまったく崩れなかった。最後に吉木医師がこうアドバイスした。

吉木医師「ファンデーションは固形のものよりリキッドタイプやクリームタイプがオススメです。メークをしている時、エアコンを利かせたり、ウエットティッシュを首筋に当てたりして冷やしておくと、さらに効果が上がります。顔をキンキンの冷たい水にひたす方法は、血管が急に拡張して赤ら顔になりますから、決してしないようにしてください」