ささっとふりかけるだけの栄養補給。ヘンプシードナッツの魅力

写真拡大 (全4枚)

スーパーフードとして注目されている「ヘンプ」が気になっています。ただ、使い慣れない食材なので「日々のメニューに、どう取り入れればいいのだろう? 」と感じていました。
そこで先日、那奈なつみさんによる著書『美肌! 美腸! やせる! ヘンプシードダイエット』(主婦の友社)の発売を記念した勉強会に参加。これまで知らなかったヘンプについて、手軽な取り入れ方などの理解が深めることができました。
ヘンプ初心者には、ヘンプナッツがおすすめ
ヘンプというとなじみがないものと感じていましたが、麻の実(ヘンプシード)は、「八穀」のひとつ。日本でも、昔から食べられていたそうで、イネ、キビ、大麦、小麦、大豆、小豆、あわ、と同じようになじみ深い雑穀なのだとか!

ヘンプナッツ114g/1,296円(税込)
ヘンプシードの入門として那奈さんがおすすめしていたのが、麻の実を砕いた「ヘンプシードナッツ」。必須脂肪酸のオメガ3、オメガ6、鉄、亜鉛などのミネラル、必須アミノ酸、食物繊維をバランスよく含んでおり、スプーン2杯で1日に必要なオメガ3がとれるのも魅力です。
調理せずにそのまま食べられるので、ゴマのようにふりかけたり、いつもの料理にふりかけるだけでいいそう。

ヘンプナッツはくせがなく食べやすいのですが、最初は少しずつ様子を見ながら食べると安心。まずは薬味のように、できあがった料理に少量振りかけて食べることから始めましょう。カレーなどのスパイス類、みそ、しょうゆ、など和の調味料と組み合わせると、おいしく食べられます。また、チーズ、キムチ、納豆といった発酵食品と組み合わせると、ヘンプナッツのダブル効果で腸内環境が整いやすくなります。
(『美肌! 美腸! やせる! ヘンプシードダイエット』より引用)

2ステップで完成。ヘンプシードで栄養補給
今回は、数あるレシピの中から、「これなら、私でもできる! 」と感じた、ヘンプをおいしく食べられるレシピをご紹介します。
撹拌するだけ! 「ヘンプシードと、アボカドのヘルシースムージー」

<作り方>
1.ミキサーに、ヘンプシードナッツ大さじ2、アボカド1/2個、カカオパウダー(またはココアパウダー)はちみつ大さじ2、水180mlを入れます
2.撹拌したら、お好みでヘンプシードナッツをふってできあがり!

混ぜるだけ!「ヘンプナッツおにぎり」

<作り方>
1.あたたかいご飯200gに、ヘンプシードナッツ大さじ2、塩少々を加えて混ぜる。
2.2等分にしてにぎり、海苔を巻いてできあがり。お好みで梅干しや昆布などを添えても。

あえるだけ! 「ほうれん草のヘンプナッツあえ」

<作り方>
1.すり鉢に、ヘンプシードナッツを入れてすり、てんさい糖大さじ1、しょうゆ大さじ1を順に入れて混ぜる。
2.ほうれん草はさっと茹でて、冷水にとり水気をきる。しぼり汁大さじ1と(1)を混ぜ、食べやすいサイズに切ったほうれん草と合わせる。(てんさい糖がなければ、お好みの砂糖でOK! )

「青菜のおひたしが、ヘンプシードのおかげでまろやかな味になります。わが家の子どもたちも大好きですよ。」と、那奈さん。
さらに同書には、「牛肉とヘンプナッツのナンプラーあえ」といったメインのおかずから、「ひき肉と高菜のチャーハン」といったご飯ものまで、たくさんのレシピが紹介されているので、読むだけで料理の幅が広がりそうです。
食欲が落ちやすい夏こそ、スーパーフード「ヘンプ」を上手に取り入れて健やかに乗り切りたいものです。

お話を聞いた方:那奈なつみさん
ヘンプフーズジャパン広報。オーガニックタウン・バイロンベイにて、オーガニックライフスタイルショップのディレクターとして活躍。そこで出合ったヘンプに魅力を感じ現職に。2児の母として、毎日のメニューに取り入れられるレシピを考案し続けてきたのが、本書発行のきっかけ。

(『美肌! 美腸! やせる! ヘンプシードダイエット』,HEMP FOODS)