後半途中から出場のGKマルティネスがPK戦で結果を出した

写真拡大

[7.19 ICC バイエルン1-1(PK2-3)アーセナル]

 インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)の中国ラウンドが19日に行われ、アーセナル(イングランド)はバイエルン(ドイツ)に1-1(PK3-2)で勝利した。先制されるも追いつき、PK戦の末に勝利している。

 開始直後からバイエルンが押し込む。前半5分、PA左からMFフランク・リベリがファーへ絶妙なクロス。今夏加入のMFハメス・ロドリゲスが胸トラップから左足シュートも決めきれない。

 それでも前半8分にPKを獲得したバイエルンは先制に成功。左サイドから仕掛けたDFフアン・ベルナトがPA内でMFエインズリー・メイトランド・ナイルズに倒され、PKを得る。これをFWロベルト・レワンドフスキがゴール右へ難なく決めた。

 その後もチャンスの連続。同42分には再びリベリの浮き球をPA右で受けたハメスがトラップから左足シュートを打つが、GKペトル・チェフに阻まれる。追加点は奪えずに1-0で前半を終えた。

 後半に入っても攻め続けるバイエルン。後半5分には右サイドへ抜けたMFキングスレイ・コマンが前線へスルーパス。ニアの味方がスルーし、ファーへ詰めていたハメスが合わせるも守護神・チェフに止められる。

 追いつきたいアーセナルは途中出場のFWセオ・ウォルコットが左サイドからスピードに乗った突破をみせるが、ゴールにはつながらない。それでも終了間際のアディショナルタイム4分にワンチャンスをつかんだ。敵陣でFWアレックス・イウォビがMFレナト・サンチェスからボールを奪い、一気にカウンター。スルーパスに抜けたMFアーロン・ラムジーが左サイドへ開き、浮き球を折り返す。走りこんだイウォビが頭で決めた。1-1でPK戦へ突入した。

 PK戦では先攻・バイエルンの1人目、DFダビド・アラバのシュートはGKマルティネスに止められ、アーセナルは2人目のMFモハメド・エルネニーが失敗。PK2-2で迎えた4人目。バイエルンはサンチェスのシュートがクロスバーを叩き、一方のるアーセナルはイウォビが難なく成功。外せば敗戦が決まるバイエルンの5人目を務めたベルナトがGKマルティネスに止められ、試合は終了。アーセナルが1-1(PK3-2)で勝利した。


●プレミアリーグ2017-18特集

●ブンデスリーガ2017-18特集