モラタがチェルシー加入で合意 移籍金103億円はスペイン人選手の歴代最高額

写真拡大

トーレスの75億円を大きく上回る

 レアル・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタの、昨季プレミアリーグ王者チェルシーへの移籍合意がクラブ公式サイトで発表された。

 スペイン紙「マルカ」によると、この移籍が成立すればスペイン人史上最高額の“値札”がついた選手になるとしている。

 モラタは昨季、リーガの得点ランキング7位となる15ゴールをマーク。チーム内でもポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ数字を残したが、出場試合26に対して先発出場は14にとどまった。ロナウド以外にも元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの「BBCトリオ」の4番手扱いということもあり、移籍を決断した模様だ。

 そのモラタに対してアントニオ・コンテ監督率いるチェルシーが獲得に手を挙げて、モラタもそれに応じる形となった。同紙によると今回の移籍で発生する移籍金は8000万ユーロ、日本円にして約103億円にも及ぶ超高額の金額が動くこととなった。

 この移籍金での契約が成立すると、サッカー史において歴代8位の記録になるという。

サッカー史上の歴代1位はポグバで135億円

 これまでの最高額は、昨夏1億500万ユーロ(約135億円)でユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したフランス代表MFポール・ポグバ、2位はユナイテッドからレアルに移ったロナウドの9600万ユーロ(約123億円)、3位はトットナムからレアルへと加入したベイルの9100万ユーロ(約117億円)とそれらの額には及ばない。

 ただスペイン人選手に限れば、リバプールからチェルシーに移籍した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの5850万ユーロ(約75億円)と言われる金額に、大きな差をつけて歴代トップに立った。スペインで最も高価な男となったモラタ。果たして“103億円の男”に見合うだけの活躍を、ロンドンの地で見せることはできるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images