【論説】新型ホンダ「アコード」は、手頃な価格で買える本物のホットロッド的ファミリーカーだ!

【ギャラリー】2018 Honda Accord Reveal19


ホンダは先日、フルモデルチェンジした10代目となる新型「アコード」を発表した。予想された通り、先代より低くワイドになり、最新の安全機能が搭載され、室内と荷室の空間効率が改善された。一部の人にとって残念なニュースは、ホンダがV6エンジンとクーペを廃止したことだろう。これによって、ホンダではなく、今ではごくわずかとなった6気筒エンジンを搭載するミッドサイズ・セダンのトヨタ「カムリ」を選ぶという声が上がっている。だか、そんな不満の声は見当違いであり、アコードは依然として手頃な価格で買えるパワフルなファミリカーとして最良の選択なのだ。
まず、クーペについて議論しよう。現代では、形だけで性能の低いクーペは誰も購入しない。2ドアのクーペを投入して販売を競おうとする会社もない。ホンダは2ドア・クーペにこだわった最後のメーカーであり、クーペの売り上げは全体のほんのわずかでしかなかった。クーペのファンは、ほんの少しスポーティでカッコが良ければ、そのマイナス面はほとんど気にしないかもしれない。だが、信じたくないことだが、そんな人たちが少数派であることは間違いない。これはビジネスであり、単一のボディ・スタイルにすることで、時間とお金を節約できるのだ。

次に、V6エンジンについてだが、クーペの議論とほぼ同様のことが言える。もう誰もV6エンジンを購入しないのだ。V6エンジンは高価で非効率的。まだV6エンジンを採用しているのはトヨタ「カムリ」、フォルクスワーゲン「パサート」、そしてフォード「フュージョン」のようなごく一握りのメーカーによるごく一部のモデルだけだ。米国市場では長年、他の市場よりパワーが要求されてきた。それゆえ、ミッドエンジンでスーパーチャージャー付直列4気筒を搭載したトヨタ「プレヴィア」(日本名「エスティマ」)のような変わったクルマが登場したのだ。米国ではパワーが求められる。しかし、今やV6エンジンは求められていないのだ。



どの主要自動車メーカーも年々厳しくなる燃費や排ガス基準を受けて、エンジンのダウンサイズを進めている。ホンダのJ型エンジンは素晴らしいが、もはや20年前の設計であり、最新のミッドサイズ・セダンに期待される要件には合わない。だが、その後継となるエンジンが駄作というわけではない。ホンダはアコードのようなクルマが必要とする以上に、もっとパワーのあるエンジンを製造しているのだ。

新型アコードに採用された2.0リッター直列4気筒ターボ・エンジンは、その大部分が「シビック TYPE R」のエンジンをベースにしている。シビック TYPE Rのエンジンに不平を言う人はまずいないはずだ。もちろん、アコードに使うにあたり、調整や改良は加えられているが、基本は同じだ。最高出力252hpはV6の278hpに比べると減少しているものの、最大トルクは34.8kgmから37.7kgmへと大幅に向上した。しかもその大トルクをわずか1,500rpmという低回転から発生するのだ。赤信号で停止してからのダッシュでは、V6を積む先代アコードより力強く感じるはずである。

しかも現代のターボ・エンジンは環境性能を重視してパワーが抑えられているので、少しばかりチューニングしてやれば、かなりのパワーを絞り出すことも可能だろう。米国のチューニング・ショップ、Hondataは、既に「シビック Si」の1.5リッター直列4気筒ターボ・エンジン(アコードのベース・グレードに積まれているエンジンと同じだ)を、27hpも引き上げている。



そしてもう1つ、多くの人が忘れているのではないかと思うのだが、アコードではどちらのターボ・エンジンにも、マニュアル・トランスミッションの設定が用意されている。これは他のライバルにはない大事なポイントだ。我々は3ペダルのマニュアル・トランスミッションが消えゆくことについて、常に嘆き、非難してきた。しかし、ホンダはミッドサイズ・セダンに、トップ・グレードのエンジンとマニュアル・トランスミッションの組み合わせを用意しているのだ。2.0リッターの「アコード スポーツ」MT仕様を購入し、これをベースにチューニングすれば、本物の"スリーパー"(一見おとなしそうな外観をしているが中身は高性能なクルマ)になるはずだ。

廃止されるアコード V6クーペは、速いクルマだったかもしれないが、ハンドリングに関しては最高とは言えなかった。おそらく新型アコードの方が優れているだろう。60:40の前後重量配分と新型アダプティブ・ダンパーによって、コーナリング性能は改善されている。それ以外の場面でも、新型アコードがミッドサイズ・セダンとしてはコミカルなほど速いのは確実だ。V6エンジンを失っても、10代目の新型アコードは本物のホットロッドである。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー