石畳の上、ゴミ箱の隅、ヨーロッパの街角を歩くとき、足元に注意を向けておいたほうがいいかもしれません。もしかしたら、そこにミニチュアの世界が広がっているかも。

ミクロの世界に生きる人々

夏はスリリングなウォータースライダー!

ミュージアムならぬ「"ユー(you)”ジアム」。展示されているのは、クレジットカードに口紅に…コンドームまで!?

★画像を横にスワイプすると、展示を覗き見することができますよ。

一家が探検しているのは、スナック菓子の袋の中。

暑い日はプールでリフレッシュ。王冠サイズがちょうどいい。

ネッシー!?と見まごうスニーカーの靴ひも。

サッカーのフィールドは、チョークで線を引きます。小さな身体だと重たそうですね。

モザイクのタイルを修繕中。

二人だけの島。最高のバカンスですね。

2本の羽根でどこまでも飛ぶことができそう。

もしもミツバチがこのサイズ感で近寄ってきたら…それこそ「ミクロの決死圏」。

ロンドンの街角で、うなだれる。

タクシー、つかまる?

タバコとマッチがあれば、キャンプファイヤーができちゃいます。

このバランス感覚、お見事!

レッドカーペットを歩く、ミニチュア界のスター。

ロンドンを中心に活動を続けるアーティストSlinkachuさんが狙い続けているのは、「もしも小さな人がこの世界に存在したら」の世界。自身のInstagramには、ミニチュアの人々が大活躍しています。

ちなみに彼、街中での撮影のあと、このミニチュア達をそこに「放置」していくんだそう。あくまで作品としてですよ。

Licensed material used with permission by Slinkachu,(Instagram),(Facebook)