メンバーの平均身長が185cmというスタイルとルックスのよさにくわえて、デビューまでの5年間、歌とダンスに磨きをかけ、抜群の”歌唱力”と”パフォーマンス”、そしてモデル並みの”ヴィジュアル”という三拍子そろった大型男性アイドルとして、韓国や日本をはじめ、アジアや欧米でも大きな注目を集めている韓国出身のK-POPアイドル、KNK(クナクン)が日本のユニバーサル ミュージックと契約。今年10月に日本デビューがすることが決定した。

KNK(クナクン)のメンバーは、キム・ユジン (24歳)、パク・スンジュン (23歳)、チョン・インソン (23歳)、キム・ジフン (22歳)、オ・ヒジュン (21歳)という顔ぶれの5人組。グループ名の”KNK(クナクン)”とは、韓国語の”大きな”という言葉でもあり、”大きな人になれ”という意味と、”K―popkNocK(K-POPノック)”(自分たちの音楽でK-POPの扉にノックするという意味)という意味合いをかけた造語。

本国の韓国では2016年3月にシングル『KNOCK』でCDデビュー。デビュー・シングルにバラード曲を選び、ルックスとスタイルのよさに加えて、抜群の歌唱力で韓国内で大きな注目を集め、その後、セカンド・シングル『BACK AGAIN』、サード・シングル『U』というダンサブルな2曲を大ヒットさせ、日本デビュー前にもかかわらず日本でも人気が沸騰。

昨年9月にZepp札幌(2回公演)とZepp DiverCity Tokyo(2回公演)で開催されたK-POPイベント”GFSC Charity Campaign K-POP秋の音楽祭♪”のメイン・アクトとして出演するため、初来日して以降、今年1月の千葉・市川市文化会館(2回公演)、4月の大阪・UMEDA AKASO、東京・ディファ有明(2回公演)と、すでに過去3回の来日公演を実現。日本デビュー前に、早くも1万5千人以上の観客を動員しており、今年8月には早くも4度目の来日公演を発表。また、8月9日(水)に東京某所で、日本では初めてとなるCD発売記念イベントの開催も決定した。その詳細は、近日中に発表される予定。

韓国でのCDデビューから1年で、今年4月には韓国ソウル(4/8)公演を皮切りに、大阪(4/13)、東京(4/15)、台湾(4/22)をまわる初のアジア・ツアーが実現。今年6月には米国ニューヨークで開催された韓流イベント”KCON” (6/23、24)、7月には英国ロンドン公演で開催された”FEEL KOREA IN LONDON”(7/8)にも出演し、ダイナミックな歌とダンスで、ニューヨークとロンドンでも大きな注目を集めている。

本国の韓国では7月20日(木)の18時に新曲『Rain』の音源を公開して、カムバックする予定。翌日の21日には『GRAVITY, Completed (2nd Single Repackage)』を発売。今後は韓国と日本の両方で積極的に活動する予定となっている。

今年10月にユニバーサルミュージックより発売予定の日本デビュー・シングルには、『U』と『BACK AGAIN』というKNKの2大ヒットの日本語ヴァージョンが収録される。今月7月には日本デビューを前に、日本でもジャパンオフィシャルファンクラブが開設している。

<日本デビュー決定に関するメンバー5人のコメント>
パク・スンジュン:日本で正式にデビューすることになり、とても嬉しく、日本のティンカーベル(ファン)のみなさんと良い思い出をたくさん作りたいです。アイシテル。

キム・ユジン:日本のステージでも僕たちの姿をお見せすることができるようになり、大変光栄です。日本のティンカーベル(ファン)のみなさんと一つになれるKNKになれるよう、僕たちも頑張ります。愛してます。

チョン・インソン:日本のティンカーベル(ファン)のみなさん!! 正式に日本デビューできる日を夢見て、それを指折り数えて、頑張ってきました。これから先もたくさんみなさんに会えるように、日本に来たいです。そして心を込めた素敵な音楽をたくさんお聴かせしたいです。愛してます。

キム・ジフン:日本で正式にデビューすることが決まって、とてもうれしく幸せです。素敵なステージをお見せしますので、僕たちクナクンをたくさん愛して下さいね、ティンカーベル(ファン)のみなさん!!

オ・ヒジュン:正式に日本デビューが決まって、日本のティンカーベル(ファン)のみなさんとたくさん会える機会をもらえて、本当にとても嬉しいです。韓国で最初にデビューした頃のような、とてもワクワクしています。ティンカーベル(ファン)のみなさんとはいつまでもずっと一緒です!