【詳細】他の写真はこちら

忙しい朝によさそう。

朝寝坊をしてしまい、「いまさら米を炊いてお弁当を作る時間はない!」と、コンビニに昼食を買いに走った経験がある人は多いはず。そんな状況でもお弁当を諦めなくて済むかもしれないランチボックス『サーモス ごはんが炊ける弁当箱』が登場しました。なんと、電子レンジで8分加熱+30分保温で生米からごはんが炊けるんだそうですよ。2017年9月1日発売で、希望小売価格は6000円(税別)。本体色はホワイトとブラックの2色となっています。

おお、レンジで炊飯できる便利さよ





『サーモス ごはんが炊ける弁当箱』で米を炊く手順を解説すると、まず内部に米を入れて洗い、付属の「炊飯パーツ」と「炊飯パーツフタ」を本体にセットします。そして目盛りまで水を入れ、電子レンジの500W設定で本体ごと米を8分加熱。加熱した後は「炊飯パーツ」と「炊飯パーツフタ」を取り外し、「ご飯容器フタ」を取り付けた後に「保温ケース」へ入れて30分保温するればOK。これで見事に炊きたてのごはんができあがるというのです。

時間をかけて米を浸水する必要がないこともあり、すばやくご飯が炊けるのがありがたいですね。炊ける米の量はちょうど1食分に適量な0.7合と、気軽に少量の炊飯ができるのも特徴のひとつと言えるでしょう。

持ち運んでもホカホカ保温





「ごはん容器本体」を収納する「保温ケース」はサーモス得意の真空断熱構造。保温機能に優れ、付属の専用ポーチに収納した場合には6時間後でも57度以上、専用ポーチに入れなかったとしてもごはんの温度を54度以上に保てるとのこと。この専用ポーチには取っ手がついており、持ち運びにとても便利そう。また、保温ケース以外は食洗機で洗浄でき、使用後のお手入れも楽々です。

炊飯器の代わりに使うのもアリなのでは?





一人暮らしであれば、この『サーモス ごはんが炊ける弁当箱』は自宅用の炊飯器代わりとして使うのも便利かもしれません。

注意したいポイントとしては、加熱時に本体上部に「炊飯パーツ」を取り付ける関係で、電子レンジの庫内高さが150mm以上必要であるということ。また、炊飯できるのは無洗米を含む白米だけで、玄米や炊き込みご飯やおかゆの調理はできません。このあたりにだけ気をつければ、忙しい人や単身者など、多くの人にとってのお役立ちアイテムになってくれそうです。

文/塚本直樹

関連サイト



『サーモス ごはんが炊ける弁当箱』製品情報ページ