『しくじり先生』にレイザーラモンHG・住谷杏奈夫妻が登場

7月16日に放送されたバラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』にお笑いタレントのレイザーラモンHG(以下:HG)とタレントの住谷杏奈夫妻が出演し、完全に崩壊していた夫婦関係を暴露した。同放送には多くの反響があり、ネットでも注目を集めている。

<耳マンのそのほかの記事>

左からレイザーラモンHG、住谷杏奈

結婚当初のHGは人気絶頂の時期で、月収1,200万円を稼いでいたという。しかし3年で人気は薄れ、プロレスに挑戦した際に大怪我をし、収入がゼロになってしまったそう。そんななか、住谷が始めたせっけんや下着のプロデュースのビジネスが成功し、彼女は年収1億円を稼ぐようになる。すると同時に夫婦の立場も逆転し、徐々にその関係が崩壊していった……。

収入逆転により“超亭主関白”から“超かかあ天下”に……

それまで“超亭主関白”であったHGはプライドが邪魔をし、妻のビジネスを素直に喜べなかったという。一方で住谷は“超かかあ天下”に変化。HGに相談せずに1,000万円のポルシェを購入したり、50万円を落としても気にしなかったり、さらには彼女が泥酔していてもHGが注意できないといった事態に陥った。さらに住谷は彼に対し「私が稼いでるし、早く芸人やめてよ!」と辛辣な言葉を投げかけるようになってしまう。

「お互い良いときもあれば悪いときもある」

そんな彼女がHGに相談せずに好き勝手やっていた結果、新しいビジネスに失敗して億単位の財産を失う結果に。しかし、ここで崩壊していた関係であったHGから「俺のお金使っていいよ」という言葉が出たそうだ。これによってふたりはお互いの価値観を認め合い、夫婦関係も修復された。「お互い良いときもあれば悪いときもある。夫婦で補い合って生きていこう」と、両者がしくじり、学んだという。ふたりはこれらのエピソードを、「1人は家族のために家族は1人のために。ワンフォーーーオールオールフォーーーワン」とHGのギャグを交えながらユーモアたっぷりにまとめた。

ネットでは感動や称賛の声……

放送終了後、ネットでは「住谷夫婦、凄くいい」「紆余曲折あったけど、とっても幸せそう。羨ましい」「お互いの価値観を認め合うって大事。なんか感動してしまった」「素敵な夫婦」と、“しくじり夫婦”を称賛するコメントが寄せられている。彼らの赤裸々な告白やそこから学んだ内容は、多くの人の心に響いたようだ。

[耳マン編集部]