デルタ航空は、上海/浦東〜アトランタ線を2018年7月に開設すると発表した。

現在は、上海/浦東とデトロイト、シアトル、ロサンゼルスの3都市を結ぶ路線を運航しており、4路線目となる。アトランタからは、現在運航する、東京/成田、ソウル/仁川線を含めたアジア3都市への直行便でのアクセスを提供する。アトランタではアメリカの150都市以上、上海/浦東では共同運航(コードシェア)を行う中国東方航空のネットワークで50都市以上への接続ができる。

機材は、ビジネスクラスの「デルタ・ワン」を37席、「デルタ・コンフォートプラス」を36席、エコノミークラスの「メインキャビン」218席の計291席を備えたボーイング777-200LR型機を使用する。機内Wi-Fiや電源も備える。

ジョージア州のネイサン・ディール知事も、「世界的なつながりと中国との強い関係を維持することは、ジョージア州の経済にとって極めて重要。」と歓迎し、デルタ航空への謝意を発表するなど、経済界関係者は路線の開設を歓迎している。

■ダイヤ

DL185 アトランタ(15:00)〜上海/浦東(18:50+1)

DL186 上海/浦東(11:40)〜アトランタ(14:55)

⇒詳細はこちら