なかなか彼氏ができないと、落ち込んだり、自暴自棄になったりすることもあるでしょう。今回は、なかなか彼氏ができないネガティブな気持ちをハッピーに変える方法について、一緒に考えてみましょう。


1. 「手作りのごはん」で体の中からハッピーに♡


食事は心をつくる大事なものだというのは昔からよく言われていること。気持ちが落ち込んだ時こそ、手作りのちゃんとしたごはんを食べるのがおすすめです。コンビニやスーパーの適当なお弁当ばかり食べるのでなく、体の中から整えてあげると、食べたものがあなたを守ってくれます。

愛情を体の中にいれてあげよう
体はあなたが食べたものによって動き、その動きによって思考が決まります。
手作りのごはんには、それを作ってくれた人の愛情が入っています。愛情も込みで食べると、なかなか彼氏ができずに落ち込んでいるあなたを守ってくれます。
コンビニのごはんが100%良くないとは言いませんが、より愛情を感じるものを、あなたの体の中に入れてあげてはいかがでしょうか。

2.「恋の思い出」から自分の長所を見つけよう♡



誰だって淡い恋の思い出が、1つや2つはありますよね。
あなたのことを好きになってくれたあの人との思い出を、思い出すこと。それは「あなたがこの世に生まれてきてくれてありがとう」というメッセージと同じなのです。

自分を客観的に分析してみて
過去にあなたのことが好きだと言っていた男子が「なぜ自分のことを好きだったのか」について考えてみるといいかもしれません。そこからあなたも意識していなかった、「あなたのいいところ」が見つかるはずです。

人は誰でも、自分で自分のことが100%わかっていないのです。あなたが意識している自分は、自分の中の10%〜20%くらいです。あとの大部分は、他人のほうがあなたを好意的に見て、よく知っていたりするものなのです。

3.誰かとのつながりを「想像」してみよう♡



あなたは誰かと確実につながっています。なにもスピリチュアルで宗教がかった話ではなく、あなたは誰かとつながっています。そのつながっていること・もの・人を想像することが、あなたを救ってくれることもあります。

この方法のコツは?
たとえば恋愛相談でかなり多いのが「彼氏がなにを考えているのかわからない」というものです。片思い中の人であっても、交際中の人であっても、彼の考えがわからないと悩んでいます。
そういう時は、もっと彼と目に見えないもので「つながっている」という感覚を持つべきです。心と心は、意外なところでつながっています。

特定の彼を思っていない人は、あなたの周囲の誰でもいい、気になる人のことを想像してみることです。すると意外なところで、その人とあなたがつながっていることが発見できます。

いかがでしょうか。
なかなか彼氏ができないと、毎日どことなくつまらないでしょうし、なんといっても暇だろうと思います。
そういうときは、「つながり」について考えてみるのです。あなたは確実に誰かとつながっているし、その誰かが、あなたに新しい運をもたらしてくれるのです。
(ひとみしょう/studio woofoo)