土屋太鳳、『フェリシーと夢のトウシューズ』で映画主題歌歌唱&作詞に初挑戦

写真拡大

 8月12日より公開される『フェリシーと夢のトウシューズ』の主題歌を、日本語吹替版でフェリシー役を演じた土屋太鳳が担当することが決定した。

参考:土屋太鳳、黒木瞳、熊川哲也らが声優担当 『フェリシーと夢のトウシューズ』日本語吹替版本予告

 本作は、『最強のふたり』の製作陣と『カンフー・パンダ』のアニメーターが贈る、ひとりぼっちの少女がパリでバレリーナを目指す模様を描いたアニメーション映画。『20センチュリー・ウーマン』のエル・ファニング、『クロニクル』のデイン・デハーン、シンガーソングライターのカーリー・レイ・ジェプセンが声の出演をしており、日本語吹替版には、土屋のほか黒木瞳、花江夏樹、熊川哲也、夏木マリらが参加している。

 主題歌に決定したのは、何度転んでも立ち上がる、明るく前向きなフェリシーを応援するオリジナルソングの「Félicies」。土屋は今回、初の映画主題歌歌唱と作詞に挑戦している。

 偶然にもフェリシーが夢に踏み出す年齢と同じ頃、芸能界入りを果たしていたという土屋は、「フェリシーを生きた時間の中で感じた気持ちを根っこに、自分自身が歩んできた時間の中で実感した思いであったり、そして、応援してくださる方々への感謝やエールを込めて言葉を綴り歌わせて頂きました」と、夢を叶えるため、ひたむきに努力を重ねるフェリシーの揺れ動く気持ちが痛いほど理解できたからこそ、書くことができた歌詞だとコメント。

 なお、「Félicies」はエンディングテーマとして日本語吹替版で聴くことができるほか、8月4日から各配信サイトにて配信される。

■主題歌情報「Félicies(フェリシーズ)」歌手:土屋太鳳作詞:土屋太鳳作曲:KEN for 2 SOUL MUSIC Inc.編曲:KEN for 2 SOUL MUSIC Inc.(Sony Music Records)

(リアルサウンド編集部)