エド、批判に衝撃か(画像は『Ed Sheeran 2017年7月19日付Instagram「Sup」』のスクリーンショット)

写真拡大

以前からTwitterに書き込まれる意地悪コメントが大嫌いだったといい、先日は「もうツイートはしない」「意地悪なコメントばかりだから」と語っていた人気歌手エド・シーラン。それでもInstagramの投稿をTwitterに自動反映させる機能を利用しアカウントは維持していたのだが、このほど突然エドはTwitterを一時的に停止、多くのファンを驚かせてしまった。

世界中の音楽ファンに愛されるエド・シーランが、世界中のドラマファンを熱狂させている大ヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』にカメオ出演を果たした。

しかし同ドラマに彼が少しばかり顔を出した直後、ファンや視聴者からは様々な声が噴出。「良かった」とする褒め言葉もあるなか厳しい批判の声も多かったが、エドが突如Twitterを停止したことで多くのファンが「演技批判など嫌がらせに堪えかねたのだろう」と推測した。その後ほどなくしてエドはTwitterを再開しているが、やはりインスタグラムからの自動配信という形のままだ。「Twitterにはもうウンザリ」という気持ちに今も変わりはないもようで、数年分のツイートはごっそり削除しフォロワー数も激減している。

「Twitterは、もう読むこともできなくてね。」
「どうしてこんなに嫌われるのかな。コメントを読むと、一日が台無しになってしまうんだ。」

そうも語っていたエドだが、もし演技をけなされてのアカウント一時停止だったとしたら残念なことだ。なお今回のカメオ出演の理由は、同ドラマの女優メイジー・ウィリアムズがエドの大ファンだったこと。それを知った制作総指揮者らが「頑張り屋のメイジーを喜ばせたい!」とエドに出演を依頼したという。よってカメオ出演への批判が原因でのやむを得ないTwitter一時停止であったとしたら、エドはもちろんのこと、メイジーも制作陣もとても気の毒である。

画像は『Ed Sheeran 2017年7月19日付Instagram「Sup」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)