これが「世界のワタナベ」の姿なのか。15日に釈明会見を行った俳優の渡辺謙(57)のことである。北新地の美人ホステス(36)と不倫関係にあったことを認めた上で、妻の南果歩(53)とは関係修復を図っていくことを明かしたが、熟女リポーターたちに取り囲まれ、矢継ぎ早に質問を受ける様子は、本当にみじめでしかなかった。

 会見は土曜午後1時に設定されていたため、昼のワイドショーで中継されたりすることはなかったが、日曜の情報番組ではしっかり取り上げられていた。とりわけ、ヒドい扱いをしていたのがフジテレビ系「Mr.サンデー」だ。

 会見の様子を一般のおばちゃんに観賞させ、渡辺の一言一言に対し、おばちゃんたちが「自分のことしか考えていない」などと感想を言い合ったのである。そこには「世界のワタナベ」に対する敬意はみじんも感じられなかった。不倫をしたほうが悪いと言われればそれまでだが、世界で活躍する俳優をここまで“おもちゃ”扱いするテレビ局の見識を疑わざるをえない。

 芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「そもそも、会見する必要なんてなかった。『世界のワタナベ』なのだから、ドーンと構えていればよかったんです。三船敏郎が愛人問題に揺れた時も、『男は黙って』と無言を貫いた。渡辺も仮に離婚するとしても、FAX一枚で済ませることもできたはずです。大河ドラマ『西郷どん』の撮影があるため、その前にけじめの会見を開くよう、NHKから相当なプレッシャーがあったといいますが、そんなものは、はねつければいい。NHKの言うことを聞く必要はありません。NHKに出なくとも、渡辺にはハリウッドなど活躍する場所はたくさんある」

 会見は民放のワイドショー関係者らが仕切り、渡辺はまるで私生活を切り売りする三流芸能人のような扱い。熟女リポーターが“誘導尋問”するような形で、船越英一郎、松居一代夫妻に関しても答えさせられていた。

 結局、会見で得をしたのは、ワイドショーだったわけである。