モー娘。の歌唱中にいきなり画面が…TBSがやらかした2年連続「放送事故」

写真拡大

 もはや何かしらの放送事故は毎年恒例の出来事!?

 7月15日から16日の早朝まで約13時間にわたって生放送されたTBSの音楽特番「音楽の日2017」のモーニング娘。’17のパフォーマンスでまさかの事態が見られ、話題となっている。

 モー娘。は深夜1時から2時台の登場し、最新曲「ジェラシー ジェラシー」を先月新加入した14期生・森戸知沙希を加えた新体制で披露した。

 しかし、パフォーマンスが始まり、楽曲がサビに入ると突如、CMが流され、強制的にシャットダウンされてしまったのだ。CM明けには司会の同局アナウンサーが「不手際がありまして、大変失礼いたしました」と頭を下げ、モー娘。は同楽曲を再度冒頭からパフォーマンスを披露している。

 異例の展開ということもあって、CMが挿入された瞬間は視聴者も困惑状態だったようだが、結果的には長くモー娘。のパフォーマンスを見ることができたということもあり、ファンは満足しているようだ。

「昨年の同日にも放送されているこの特番ですが、その時も平井堅のパフォーマンス中に音響トラブルが起こり、平井は『すいません、音が出ない。ごめんなさい』と、歌唱がストップするというまさかの事態が発生。これにMCの中居正広が『大丈夫ですよ、編集でバッサリいきま‥‥あ、生放送ですね。申し訳ございません』と必死にジョークを入れて場をつないでいたのが懐かしい。結局、平井も今回同様にまたイチからの歌い直しとなっていましたね」(エンタメ誌ライター)

 ある意味、歌い直しが当たり前となってきた同番組だが、来年「3度目の正直」が見られるのか気になるところだ。

(本多ヒロシ)