『iOS 10.3.3』が正式にリリースされましたが、設定アプリのアップデート画面では何がどう変更されたのかは詳しく説明されていません。

これまでに判明している変更点をまとめてご紹介します。

iOS 10.3.3に目立った変更・新機能は無し

5月に公開された『iOS 10.3.2』と同じく、新機能の追加・デザインの変更・すでに追加されている機能の調整といった、目に見える形での変更は加えられていないようです。

セキュリティに関する問題は24件修正

Appleが公開した資料によれば、iOS 10.3.2以前に存在しているセキュリティに関する問題をiOS 10.3.3で24件修正しています(CVE-IDでは47件)。

その多くはアプリを強制終了させたり、任意の命令を実行できたりする問題です。通知を無効にしているにも関わらず、ロック画面に表示される問題も修正されています。

Safariのセキュリティに関する問題も修正されています。

セキュリティに関する問題は、その存在が明らかになると悪用されやすくなるので、iOS 10.3.3になるべく早くアップデートすることをお勧めします。
→ 『iOS 10.3.3』正式リリース、iOS 10の最終バージョンか

参考

About the security content of iOS 10.3.3 - Apple サポートApple Releases iOS 10.3.3 With Bug Fixes and Security Improvements [Updated] - Mac Rumors