SNSによって“使い分ける派”は59.7%!ちょっと気になるプロフィール画像のあれこれ

写真拡大 (全6枚)

突然ですが、皆さんはいくつのSNSを利用していますか?とあるアンケートによれば、なんと10代のSNS利用率は男女共に100%だったそう。今やSNSは、若者に欠かせないコミュニケーションツールとなっているようです。

そんな結果が出たのは、株式会社アスカネットが行った「SNSのプロフィール画像」についてのアンケート。こちらは“SNSごとにプロフィール画像を使い分けている人が多い”ことに注目したアンケートで、全国の10代〜60代の男女362名による声を集計したものです。では、他には一体どんな結果が出たのでしょうか?

やっぱり強い!使用率No.1は男女ともに「LINE」

各SNSの利用率でNo.1に輝いたのは、やっぱり「LINE」(66.3%)。男女ともに頭ひとつ抜き出た利用率を誇りました。ほとんどのSNSで女性のほうが利用率が高く、中でも「Instagram」は男女で18.3%も差が付きました。

半数以上がプロフィール画像を使い分けている

そしてSNSによってプロフィール画像を使い分けている人は、半数以上(59.7%)という結果に。「Facebook」や「Instagram」で自分の写真をプロフィール画像にしている人が多いのは、Twitterなどに比べてリアルな繋がりが多いからと言えそうです。

一度決めたらそれっきり?プロ画チェンジは「面倒くさい」?

では、どれぐらいの頻度でプロフィール画像を変更する人が多いのでしょう。2位に10%以上の差をつけて、もっとも多く寄せられたのは「変えたことがない」(32.6%)という声。なんとなんと、「面倒くさい」(62.0%)という理由から、まったく画像を変えないという人が続出しました。

こんな写真は大不評!?はっきりとした傾向が

そして、ウケが悪いプロフィール画像ベスト5に選ばれたのはこちら!5位の「ラブラブ写真」をのぞけば、すべてイケてるアピールが失敗してしまったというパターン。少しでもよく見せたいという気持ちはわかりますが、やり過ぎは逆効果になってしまうことが多いようです。

皆さんは、現在どんな画像をプロフィールに設定していますか?もし「そろそろ変えようかな」と考えている場合は、イケてるアピールをしていない画像のほうが無難と言えそうです。