開幕前日は松山、谷原、宮里の3人で練習ラウンド(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全英オープン 事前情報◇19日◇ロイヤルバークデール(7,156ヤード・パー70)>
歴代優勝者のジョニー・ミラーらが優勝候補筆頭に推すなど海外の識者たちも注目する世界ランク2位の松山英樹。ダスティン・ジョンソン(米国)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジェイソン・デイ(オーストラリア)らビッグネーム達が軒並み調子が上がらずにいる中、ここまで順調な仕上がりを見せている。
松山や海外のトッププレーヤーの特選写真はフォトギャラリーで
松山自身はこの日の練習ラウンドを終えて「ショットは悪くはないけど、良くもないという感じ。パッティングはわからないです」と淡々と話したが、練習ラウンドを共にした谷原秀人、宮里優作らはその目に状態の良さを見たようだ。
全米オープン以来の同組でのラウンドとなった宮里は「状態いいですね。ちょっと集中したらいいスコアが出そうな感じ。アイアンの入りが素晴らしい」とショットのクオリティの高さを目の当たりにした。リンクスという特殊なコースに対しても「しっかり引いてできているし、クレバーだなと思う。スコアメイクの仕方を知っている」と目をみはった。
「アイリッシュオープン」から3週間行動を共にしてきた谷原も「アゲインストでもいい球が打てていた。風が強くて難しいけど、気合いが入ってきてどう転ぶかによると思う」と話した。あとはその実力を本戦で発揮できるかによるが、その点にも不安はないという。「バチッとはまるというか。彼の場合は大きい大会になれば、ハタから見ていると勝手に上がっていく。精神力なのか知らないですけど、そういう部分でしょうね」。
松山は初日日本勢の先陣を切って10時09分にティオフを迎える。周囲の視線に結果で応えるスタートダッシュとなるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

20回目メジャー挑戦 松山英樹、全英攻略へポイントは「風」
「結果が欲しい頃合い」池田勇太は怒涛の3日連続18ホール調整
谷原秀人は直前まで試行錯誤も手応え「悪い方向にはいっていない」
【バケモノたちの使用ギア】手を離せるのも凄い才能!?松山英樹の“指先”感覚
「記録」と「記憶」を生み出してきた舞台、ロイヤルバークデイル