7月19日に放送されたAbema TV(アベマTV/毎週水曜日21:00〜22:00放送)の『日村がゆく』では、バラエティーの歴史とは切っても切り離せないコンテンツ“熱湯風呂”をテーマに、バナナマン日村勇紀がトークを展開。熱湯風呂の元祖、ガダルカナル・タカ&松尾伴内がゲストとして登場した。

 日本テレビ系列で過去に放送されていた番組『スーパーJOCKEY』の1コーナー「熱湯コマーシャル」で、ビートたけしから広まったとされる熱湯風呂。番組中盤では、ガダルカナル・タカが印象的な熱湯風呂エピソードとして、香港出身の世界的スターであるジャッキー・チェンが来日した際のことを紹介。

 当時、ジャッキー・チェンがゲストに来るなら派手な熱湯風呂パフォーマンスを披露しようと考えたガダルカナル・タカは、「熱湯大回転!」と叫びながら飛び上がり、空中で回転し、熱湯風呂に落ちたのだという。しかし、風呂のすぐそばにいたジャッキーに熱湯が大量にかかってしまったそうで、ジャッキーは「アチッ!」と絶叫。このオチには日村も「中国人のジャッキーでもアチッて言うんですね!」と感心していた。

(c)AbemaTV