津川雅彦が家康の芝居について振り返る

写真拡大

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、大河ドラマで何度も演じた徳川家康としての芝居について語った言葉を紹介する。

 * * *
 津川雅彦は1987年のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』に徳川家康役で出演した。豊臣秀吉役は勝新太郎だった。

「秀吉は大坂城に諸大名を集め天下獲りを宣言したいんだが、家康に横を向かれたら面目丸つぶれだ。前夜に家康を屋敷に招き、大名たちの前で天下人として認めてくれと頼むシーンが僕と勝さんの初顔合わせだった。

『秀吉が皆の前で頭を下げてくれと頼んだら、家康ならどうする』と勝さんが聞く。『ムカッとして、返事をしませんね』と答えたら『いいね。それで本番いこう』って。まずテストをと頼んだら『芝居に慣れが出ると面白くなくなる』と拒否された。

 結局、少しやりとりしただけで僕はすぐセリフが出なくなってしまった。勝さんは舌打ちしていきなり僕のそばに来て、かつらの上から頭をノックした。頭蓋骨の蓋を開けて中を覗くマネをしながら『あーあ、中がおもちゃでいっぱいだ』って。当時、僕はおもちゃ屋始めたばかりだったから。セリフが出ないのは役者に集中できてないせいだって言いたかったんだ。

 頭にカッーときたね。次の本番で差し出されたお茶をまずはあなたがお先にどうぞと、秀吉の方へ返す芝居を思いついた。『天下人として立てる』という家康の意思表示だね。勝さんも満足気に頷いてくれたんだが、御本人がNGを出しちゃった。

『お前の芝居に感心してたら、良いセリフが出てこなくなってよ』って言いながら『かつらの具合が悪い』って楽屋から三時間出て来なくなっちゃった。バツが悪かったんだね。そういう繊細な人だった」

 2000年の大河『葵 徳川三代』でも家康を演じている。

「『独眼竜』の時は秀吉とは対照的な、品のいい家康にしたかったんだが、今度の作品は秀吉が死んだ後、石田三成の使いが来て、家康に忠誠を誓わせようとするところから始まる。ジェームス三木さんの脚本のト書には『家康は爪を噛む癖がある』って書いてあった。これを使って、タヌキオヤジの家康にしようと思いついた。

 爪は噛み始めると、噛み切らなきゃ終わらない。噛み切っても口に残った爪を吐き出さないといけない。そこで、小姓に出させた懐紙の中に吐くことにした。これで返事を待つ相手を焦らす間が作れる。焦らせ方によって家康が曲者に見えるはずと計算した。

『鳴くまで待とうホトトギス』と言われる家康は『待つ』イメージが強い。それを変えたかった。むしろせっかちだったと、演じたかった。

 釣りをしてても、のんびりしてると、素早い魚には餌を持っていかれる。逆に短気なら、片時も浮きから目を離さないから、『ここ』というタイミングを逃さない。そういう掴みのうまい家康にしたかった。つまり自分のせっかちを押さえるために、爪を噛みながら相手をも焦らせる家康にしたかったんだ。

 ジェームスさんは大好きな脚本家だ。『爪を噛む癖があった』とは書いても、それをどう使えと指定しないで、僕に考えさせる。それが僕とジェームスさんとの、阿吽の呼吸になるんだ」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

◆撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2017年7月21・28日号