JR西日本は、8月1〜31日の1か月間、チャットによる問い合わせ窓口を「JRおでかけネット」に試験的に導入し、問い合わせの多い忘れ物に対応します。

従来、忘れ物に気づいたユーザーはオペレータとの電話でのやりとりなどで行われていましたが、この間にチャットボットを介すことで、利便性を確認するという取り組みです。

この忘れ物検索向けチャットサービス導入によって、「受付部分をチャットボットで対応することでユーザーを待たせない」「セレクトボタン機能を取り入れることでユーザーの入力負担を軽減」「パソコンやスマートフォンに対応し特別なアプリを必要としない」といったメリットが見込めます。

サービス提供期間は、第1期が8月1〜31日の平日9〜18時。土休日はなし。2018年1月31日まで、3期に分けてサービスを提供します。協力はKDDI、エルイズビー。