再起戦を飾り感無量の表情の和気

写真拡大

 ◇8回戦 ○和気慎吾 TKO5回2分31秒 瀬藤幹人●(2017年7月19日 後楽園ホール)

 昨年7月に世界初挑戦に失敗した和気慎吾が1年ぶりの再起戦を白星で飾った。

 初回から左フックでぐらつかせるなど圧倒し、タオル投入でTKO勝ち。右目網膜剥離の手術、ジム移籍を乗り越えてのリングに「不安があったが、結果を残せて良かった」と安どの笑みを浮かべた。次戦は世界ランカーを相手に希望し、「まだランカーでもないが、一歩ずつ階段を上って、いずれは世界王者になりたい」と決意表明した。