画像提供:マイナビニュース

写真拡大

子役の寺田心が、テレビ朝日系ドラマ『遺留捜査』(毎週木曜20:00〜)のきょう20日放送の第2話にゲスト出演。天才将棋少年役で、主演の上川隆也とドラマ初共演を果たす。

事件現場に残された遺留品が持つ意味を徹底的に探るマイペースな刑事・糸村聡(上川))が、京都府警の精鋭チームのメンバーとともに事件の真相に迫っていく同作。第2話は、糸村が刺殺現場に落ちていた将棋の駒に興味を抱くことから、感動のストーリーが展開される。

寺田が演じるのは、目撃証人であるシングルマザー・西崎みちる(酒井若菜)の7歳の息子で、天才将棋少年として周囲に知られる優太役。今回は感情を押し殺しているような表情や、逆に感情を爆発させ涙を流すシーン、屈託なく笑顔を浮かべるシーンなど、さまざまな心情を表現している。

上川とはバラエティ番組で共演経験があるものの、ドラマは初共演。上川は「お芝居はもちろん、それ以外の礼儀正しさや待ち時間等の過ごし方まで、我々が『子役』扱いすることが憚(はばか)られるほどしっかりしているその立ち振る舞いには、驚かされっぱなしでした」と、舌を巻いた。

撮影は京都で行われたが、上川が「行ってみたいところはある?」と尋ねると、寺田は「車折神社」と即答。上川は「小学3年生とは思えない、その渋すぎる選択に、一瞬返す言葉を失いました(笑)」と、またもや驚かされていた。