中国で起業したはずなのに、なぜか東京ビッグサイトへ。


 中国に渡ってからの15年間、留学から起業に至るまでの道のりを振り返っている。

【前回の記事】「あなた社長になりなさい!中国人妻が僕に命じた起業」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50279)

 張さん(仮名)の日本語学校での勤務も限界を迎え、異国の地で無職になった。しかし、家内の強引な説得と後押しを受けて、上海で会社を設立することにした。「何をするかは作ってから考える!」という中国人の家内のポジティブ思考に押し切られ、事業内容も決めていないまま、社長としての生活が始まった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

何をするか?

 会社を作るのは簡単だった。さて、問題は”何をするか?”だった。

 勢いで会社を作ってしまっただけに2人ともノーアイデア、それでも2人で一生懸命に頭をひねった結果、思いついたのが「貿易をやる」ということだった。

 だが、貿易といっても輸出も輸入もある。食品も衣料も工業機械も、何でもある。さらに言うなら、ポッと出の小さい会社である僕たちは「貿易」はできなかったのだ。

 国際貿易にはライセンスが必要で、中国では、そのライセンスを持っている会社でなければ国際貿易の取引ができない。だから、僕たちはそういうライセンスを持っている会社を通じて取引をするしか方法がない。つまり、僕たちが始めたのは、正確には「貿易仲介」だった。

 当時はまだ中国の人件費は相当に安く、日本のたくさんの会社が、中国で何かを生産して日本に持ち込みたいと思っていた時期だった。僕たちはそういう日本の会社に連絡をして、中国で実際に製品を生産し、それを日本に送り届ける手伝いをしようと考えた。

 今のようにBtoB仲介をしてくれるような便利なウェブサイトは無かったので、中国の会社と日本の会社がやりとりをして、製品を作り、実際に日本に運ぶためには、間に日本語と中国語が分かる人が立たないとなかなかうまく行かなかった。そんな時代だっただけに、僕たちは「これは絶対うまくいく」と意気込んだのだが、結果から言うと、最初の「貿易仲介業」は大失敗だった。

 失敗した理由はいくつかあるが、ざっと今思い返すと以下のようなことになる。

(1)貿易の“ぼ”の字もわからない状態なので、何から手を付けてよいか分からず、どうにも身動きが取れない。

(2)現在のように気軽にメールという時代ではなく、そういった組織で働いた経験も無く、さらにコネも当てもない状態では電話もかけようがない。

(3)商売をなめていた。

 起業といえば、通常例えば会社で何年か働いてノウハウを貯め、人的なネットワークなどを構築して起業に至る人が多い中で、志高く起業した人が聞いたら怒るような理由で会社を作った我々。当然ながら、ノウハウやネットワークがあるわけもなく、全てが手探りであり、しかもその手探りも触っている場所が合っているのかどうかすら確認しようがない状態だったといえる。

 加えて、今のようにメールやSNSなどでつながりを作ることができる時代ではなく、もっぱら連絡といえば電話やファックスがメインで、しかも我々が中国にいるので、かける電話は国際電話(260円/分)になってしまうことを考えると、リストを手に入れて上から順番に営業電話なんてこともできそうになかった。

 そして、多分この3番目の理由が一番大きかったのではないかと思う。思いつきでやる商売がうまくいくはずもない。若いというのはときに良い方向に作用することも多いが、このときは悪い方に作用してしまい、大した考えもないまま漠然と「貿易だ!」と思っていただけだったので、結局は失敗した。そして、生来の中途半端な性格がここでも顔を覗かしてしまい、どこか本気で、それこそ死ぬ気でやっていなかったというところはあるかもしれない。

 最初に考えついた貿易は、そういう意味では失敗というレベルにも達していない、スタートすらしていない状態で頓挫してしまったわけだ。

 ちなみに、当時(2001年頃)、中国の工場と海外の企業の委託生産のやり取りをネット上で解決してしまえ、という野心的なサイトが現れ始めた頃だった。それが「アリババ」で、後にいち早くECにも進出するのだから、ジャック・マーさんの将来を見通す目はやっぱりすごい。

「あんた、もうちょっと本気で考えなさいよ。会社作ったら終わりじゃないのよ。物を売ってお金を貰って儲けないと意味ないでしょう。能力あるわけじゃないんだから、いっそのこと日本へ行って日本人が欲しがりそうなものを研究してくるとかアクション起こしなさいよ。部屋にこもってパソコン眺めてても仕事は来ないのよ!」

 家内は、反論の余地が無い罵倒のような叱咤激励の言葉を、僕に浴びせかけた。いつも思うが、うちの家内は怒るとかなり怖いが、解決策や打開策を怒鳴るので、それはそれで良き軍師ではある。

 それから1週間後、僕は東京・有明の展示ホール「東京ビッグサイト」にいた。

東京ビッグサイトに立つ

 ビッグサイトに降り立った僕は何をしていたか?

 いわゆるアクセサリー交易会というやつに参加していた。当時、上海の街中を歩いていると、非常に安い値段でシルバーのアクセサリーが販売されていた。中国では、こうしたアクセサリーが安く手に入るので、これを仕入れて日本に売ることができないかと考えたのだ。

 とはいえ、例のごとく売り先も仕入れ先もまったくあても無く、相変わらず行き当たりばったりで、何から手を付けてよいか分からない僕と家内。「とりあえず、交易会に行けばいいんじゃない?」という思いつきで、インターネットで交易会の情報を調べ、東京で行われる宝石・アクセサリーの展示・交易会に参加した。参加したといってもブースを構えたわけでもなく、ただ見に行っただけなのだが。

 会社を立ち上げて初めての出張。飛行機のチケットも安くない。お金がないのでとりあえず実家に戻り、夜行バスで大阪を夜中に出発。明け方に東京に到着し、東京滞在中は友人の家に泊めてもらった。

 会社を立ち上げたという話はこの時点で僕と家内以外は誰も知らず、今回の出張で初めて、泊めてくれた友人に、会社を立ち上げたこと、まだ何をするか決まっていないことなどを打ち明けた。

 だが、日本人特有の優しい対応で「へえ、会社立ち上げるなんてすごいねえ」などと言ってくれるものの、「こいつ頭おかしくなったんじゃねえの?」と心の中では思っているんじゃないかというような視線が、はっきりいってつらかった。

 友人は多分そういうことは考えていなかったと思うけども(いや、思っていたかもしれないけど)、迷走中の僕にとってはどんな優しい声や視線を投げかけられても、そのときはそんなコンプレックスを感じずにはいられなかった。

 友人にお礼を言って朝早く出発し、でっかいスーツケースをかかえて東京のすさまじいラッシュの電車に乗り、他のお客さんの「ラッシュにスーツケースで入ってくんなよ」と非難の視線をスルーしつつ、汗だくになりながら東京ビックサイトに到着。

 会場ではコインロッカーもみつけることができなかったので、スーツケースを引っ張りながら会場に入った。知らない人がみたら、スーツケースを抱えて、その場で買う気満々のバイヤーにみえたかもしれない。

 会場は既に人がいっぱいで、しかもものすごい数のブースが並んでおり、こういう交易会に初めて参加した僕はその迫力に圧倒されたが、急にうれしくなっていろいろなブースをみて回った。

 宝石やアクセサリーの取引の経験があるわけでもない僕は、結局ブースをみて回るくらいしかすることがなく、時折ブースに陣取っている奇麗なお姉さんに「この製品はおいくらですか?」と聞いてみると確かに中国で売られているシルバーアクセサリーよりも相当に高かったことを覚えている。

 そして何より、外国人が多くて、聞こえてくるのはみな英語。上海に留学していたので、外国人はみ慣れていたつもりだったが、あんなに大勢の外国人(欧米人、中東系の人、インド人、そのほかアジアの人)をみたのは初めてだった。そして、僕はやたら中東系の人に声をかけられた。

 親切な男性と拙い会話をして分かったことは、僕の顔立ちがウイグル人に似ているので思わず声をかけたということらしい。その彼に「会社を立ち上げて、商売をやろうと思っているんだ」という話をすると、「へえ、そいつはすばらしいねえ。兄さんみたいに若いうちに始めたらきっとうまくいくよ」と爽やかな笑顔で励ましてくれた。

 結局、交易会では商売のきっかけも作れず、ブースをみて回り、たくさん外国人を眺めただけで終わった。けれども、この会場で出会った親切な中東系の人(結局どこの国の人かはわからず)からもらった励ましの言葉は、その後、本気で危機感を持って中国で商売をしようと決心したきっかけになっているのだから、このおじさんには今でも感謝している。

 展示会に参加したものの、特になんの成果もなく終わった僕は、とぼとぼと実家の大阪に戻り、結果を家内に報告した。

 また怒られるかと思ったが、家内の反応は意外にさっぱりしたもので、「大体、そんな展示会に行ってもツテとかルートがある人しか商売にならないだろうし、英語分かんないし、ダイヤとかルビーとかそんなの私たちに売り買いできるわけないから、仕方無いわね」。

 じゃあ「展示会に行ってみよう!」と盛り上がったあれは何だったのか・・・。

(続く)

筆者:宮田 将士