自治体や企業のPR動画で、エロいものが増えている。トレンドをつくったのは昨年、公開された鹿児島県志布志市の「うなぎのうな子」。PR担当者や広告代理店にとって、手っ取り早く視聴者数を稼げる「エロ動画」は、新たなトレンドになりつつある(画像は「涼・宮城の夏」より)

写真拡大

タレントの壇蜜さんを起用した宮城県の観光PR動画が、「エロ過ぎる」と大炎上している。少し前に、やはりエロいと炎上したサントリーのビール「頂」の事例もあった。なぜPR動画でこのようなトレンドができてしまったのだろうか?(ノンフィクションライター 窪田順生)

宮城県のエロいPR動画は
アリかナシか?

 宮城県のPR動画「涼・宮城の夏」が大きな話題を呼んでいる。

 といっても、作品としてのクオリティが注目されているのではなく、出演しているタレントの壇蜜さんに、あの手この手で「エロ」を連想させるようなセリフ、行動をとらせる「演出」が、ちょっと卑猥すぎるじゃないの、と物議を醸しているのだ。

 ご覧になった方はわかると思うが、この映像では、「牛のし・た」なんて感じで壇蜜さんが色っぽく宮城のセールスポイントを紹介するだけではなく、CGの亀の頭をなでるとパパラパッパパーという効果音とともに、赤面した亀の頭がムクムクと大きくなるという、かつて「日刊ゲンダイ」で連載していた横山まさみち氏の成人漫画「やる気マンマン」を彷彿とさせる「悪ノリ描写」もある。

 当然、宮城県には「税金使って安っぽいエロ動画つくるな」なんて厳しい批判の声が寄せられているが、最近よく見かけるパターンの、「不快な思いをさせてすいません、と謝罪して動画削除」という対応はしないという。批判の多さを指摘された村井嘉浩・宮城県知事の「反応」がすべてを物語っている。

「賛否両論があったことは、逆に成功につながっているんじゃないかと思う」

 実は「涼・宮城の夏」の再生回数は昨日時点で157万回を突破。卑猥すぎて問題になってます、とワイドショーなどでも取り上げられたことで、「どれ、そんなにエロいなら一度見てやろう」と視聴者が増えているのだ。また、今読んでいただいているこの記事も含めて、ネットニュースでも多く取り上げられている。要するに、バズったことで宮城県のPRとしては大成功だったというわけだ。 

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)