写真はイメージです

写真拡大

 ミナト横浜、山下埠頭にカジノができる。どこで誰が決めたのか。加計もカジノも構図は同じ。裏で決まって、表は後追い。知らぬは国民ばかりなり――。

横浜市長選が公示
「カジノ」は争点になるか

 横浜市の市長選が16日公示された。投開票は30日。二週間の選挙戦が始まった。

「都民ファースト」を叫んだ小池百合子が都議選で圧勝した流れは加速するのか。政局を占う大都市選挙だというのに野党・民進党は候補者を絞れなかった。自民・公明は相乗りで現職林文子(71)を支える。与党結束に民進分裂の選挙で林の優勢が伝えられる。

 後ろ盾は安倍政権を支えてきた菅官房長官(神奈川区選出)。圧勝の構図だが、状況は決して甘くはない。政権支持率は急落し自民党内では官房長官への反発が出ている。しかも横浜で評判の悪いカジノが選挙の争点になりつつある。

「カジノを許すな」と訴えるのは元衆院議員の長島一由(50)と元市議の伊藤大貴(39)。長島は逗子市長に当選後、総選挙に民主党から出馬し国政を一期務めた。伊藤は民進党代表代行の江田憲二の腹心。秘書から横浜市議に出て3期務めた。今回は二人とも無所属からの立候補。カジノを争点に激突選挙になれば有利な展開と分かりながら、民進党は候補者を一本化することができなかった。それどころか参議院神奈川選挙区の牧山ひろえ議員は街頭で林候補の応援に立った。民進党そのものが分裂した選挙となった。

 だが林も精彩を欠く。初当選の頃のような勢いはなく、政策も守りの構え。象徴が「カジノ隠し」だ。

 選挙前になって「カジノには白紙で臨む」と「中立」を表明。街頭演説でもカジノに触れることはなく、ひたすら争点化を避けようとする姿勢が見える。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)