斎藤工「心地よかった」『H&L THE RED RAIN』新撮追加の特別版がテレビ初登場

写真拡大

話題の超大作エンタテインメントプロジェクト『HiGH&Low』シリーズの中でも人気が高い雨宮兄弟にフォーカスした、『HiGH&Low THE MOVIE 特別版from THE RED RAIN』が、8月11日(金)21時からの『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系、毎週金曜21:00〜)でテレビ初放送されることが決定した。

『HiGH&Low』シリーズは、男たちの闘いと、家族や仲間との粋・友情を、壮大なスケールで描く物語。映画『HiGH&Low THE RED RAIN』は2016年に10月に公開された『HiGH&Low』シリーズの映画第2弾。シリーズの中でも絶大な人気を誇り、TAKAHIRO、登坂広臣、斎藤工が演じる雨宮3兄弟の次第に明かされる過去と真実の物語が胸を打つ感動的なストーリーとなっている。

今回の『金曜口ードSHOW!』特別版では、そんな『THE RED RAIN』に新たに撮影した、斎藤演じる行方不明になっている長男・尊龍(タケル)と、尊龍の行方の手掛かりを握る少女・愛華(吉本実憂)との過去の関係が深く描かれるスペシャル映像と、『THE MOVIE2/END OF SKY』(8月19日公開)の独占先出し映像をふんだんに盛り込まれ、スケールアップしている。

撮影を終えて、斎藤は「時間を空けて、またこの作品に関われたことが嬉しかったですし、衣装や装備を身に着けていくことで、不思議と尊龍に戻っていく感覚が心地よかったです」と振り返る。また、「愛華役の吉本実憂さんとも、また共演させていただき、懐かしい気もしましたし、さらに成長してスケールが大きくなった愛華に出会えたように思いました」とコメント。そして、「この作品は雨宮兄弟の深い粋を強く描いており、ぜひご家族で、仲間と、恋人と、もちろんお1人でも、多くの方々にこの作品を受け取っていただきたいと思います」とメッセージを送った。