読者数約16000人の人気メルマガ『マーチン先生の恋愛教室』の著者、マーチン先生が、西暦2000年からの40,000件以上もの膨大な恋愛相談の成功例と失敗例から判明した、成功する恋愛と失敗する恋愛のパターンを、このたび総集編としてまとめています。これを読めば、男女が出会ってから親密な関係になっていき、結婚へ至るまでの上手なステップの進め方のポイントが、しっかりと理解できるかもしれません。またマーチン先生は、いま恋愛中の方が抱える「今の相手で大丈夫か」「この恋愛は成就するのか」といった迷いの悩みに対する判断基準「NGの法則」も示しています。

マーチン先生の恋愛五箇条

本物の関係を作っていくための恋愛の仕方。

「カケヒキをせず、素直にまっすぐ真心を持って」それが、マーチン論の核心です。

まず、次の5ヶ条を胸に据えておきましょう。

1.カケヒキから卒業しよう

2.素直にまっすぐ、真心をもって接しよう

3.究極の恋愛術、「ありがとう法」

4.尽くすの本当の意味

5.結婚を意識してもらう方法

◆ 出会い〜交際初期のポイント ◆

<行動の法則(進め方)>

どちらから誘う?

・男性女性、どちらから誘っても恋は実ります。女性の皆さん、男性に誘ってもらおうとして待ちの姿勢にならないようにしましょう。(男性はぜひ率先して誘って下さい。女性は男性のお誘いを待っています)

→これ男性の皆さんは、リアル恋愛教室のお茶会に1度でもご参加頂けたら女性の生の声が聞けてよくわかります。デートが成立している以上、次の誘いを女性は待っています。だからスパッと誘ってあげた方が良いのですよ。

2回めのデートに誘ってダメな時は「そもそもダメ」なわけです。1回めのデートで何らかの失敗をしたか、「やっぱり合わない」と思われたということで、それは待っていたら実るものではないのです! ←ここ大事だね!

何が言いたいかと言いますと、男性諸君!2回め以降のデートは誘わないと100%ソンということですよ。

そして、同じ話が女性にも当てはまります。自分が次回を望むなら「よかったら、また行きましょう(^^)」とお伝えして、翌日にでも「ところで次回ですが(笑)、○日あたりに××はどうでしょうか?」という感じで伝えたらよいですよ。

連絡を取り合う頻度は

・知り合ってから交際に至るまで。そして、交際に至ってからも毎日〜1日置き程度連絡を取り合いましょう。初期に起こりやすい失敗として、会う約束をした後にそのまま何日も連絡をしない という事例が目立ちます。これをやるとお互いにテンションが下がって約束が流れたり、会えても先に進まなくなる可能性が高くなります。

→「会う約束をした後に、何日も連絡をしない」という失敗例はあとを絶ちません。交際を実らせる段階では「積み上げていくイメージ」が大事です。そのためには、約束のデートに向かって盛り上げること。それが出来なくても「盛り下げないこと」が必要なのです。放置すると、人の気持ちは盛り下がりますのでご注意を。

付き合うかの答えが出るまでの期間は?

・出会いの場で知り合った場合、初めて会ってから1ヶ月以内 に結果が出るのが普通です。当社で統計を取ったところカップルの約85%がそうなっており、これは言い方を変えると「1ヶ月以内に答えが出ない場合は実る可能性は15%」ということです。少なくとも平均週1回は会えるようにお誘いしていきましょう(トントン拍子に進む2人の場合は、平均週1.5回〜2回会えます)。

→これはメルマガでよく出てくるお話ですね。スタートから1ヶ月以内に結果が出るように進めることが大事です。「1ヶ月で4〜5回以上会える」のが実るパターンの法則です!

平日 or 休日、どちらに誘えば良い?

・お誘いする場合、週末にこだわる必要はありません。「来週の火曜か水曜あたり、どうですか?」とお誘いしてみましょう。順調にやりとりが出来ているなら、当日に「今日仕事が早く終わりそうなんですが、よかったらゴハン食べに行きませんか?」とお伝えしても大丈夫です。

→これ、ぜひ参考にしてくださいね!「平日誘ったら失礼じゃないかと思って」といった話を耳にすることがありますが、そんなわけがありません。無理強いしたら失礼だと思いますが、そんなことする人いないです(笑)

まずは誘ってみたらよいのです。お誘いしてダメだったら週末にしたらいい。ただ、それだけですよ。

日にちは、具体的に提案しよう

・お誘いする場合「都合のいい日を教えて下さい」とは言わないこと。「来週の○日か○日はどうですか?」のように、具体的な日程をあげてお誘いするのがマナーです。自分が誘われた場合、どちらが答えやすいか考えてみましょう。

→わかっている人はわかっていることで、出来ない人は仕事でもできていないデス。先日、僕に取材を申し込んできたある女性は、「先生のご都合の良い日をお知らせ下さい」と言っていたにも関わらず、ご都合の良い日をお伝えしてあげたら(笑)「その日は都合が悪いんです」と来ました。

こういう人って、ホントこんなもんなんですーっ! ←何度出会ったことか。

出来ない人は、どこまでも出来ないものです。そしてもちろん代案も出してこないという、お決まりの対応でした♪

初めから「○日や○日などは、どうですか?」と2つ候補をあげて提案しましょう。

男女の関係を進展させるコツ

・「男女として進展する」とはハグ→キス→エッチと関係が進むこと。進展させたいと思う時は、それができる場所に行くことが必要です。お家に誘う、旅行に誘う等、デートプランを考えましょう。

→はい!これもご相談事例ではよく出てくるお話ですね。進展するように頑張る際は「それができる場所に行く」という意識で行動しましょう。これに「お付き合いしましょう」という言葉が伴って交際成立です。

相手に違和感を感じたときは?

・違和感を感じたら、そこから目をそらさないことが大切です。目をそらして延命しても、延命はあくまで延命であり必ず終わりが来ます。違和感(=問題点)と向き合って解決を試みましょう。

→「信じたいものを見るクセ」に気をつけましょう。ご相談事例では、ダメになる前から自分自身が違和感を感じていることが大半です。目をそむけても改善することはありませんので、ちゃんと現状把握&問題解決を試みましょう。悩んでしまった時はマーチン先生に相談ですよ!(笑)

敬語で会話していてもいい?

・この時期(出会い〜交際するまで)に「敬語だと仲良くなれないから、タメ語にしたいんですが、どうしたらいいでしょう?」といった質問をする人がいますが、敬語のままで構いません。敬語でも十分仲良くなれますし信頼関係も築けます。大事なところはそこではないのです。

→これ、本当に「大事なところはそこじゃない」です。敬語のままで全く問題ありませんので、そのまま普通に話してください。エッチするまでは「敬語:タメ語=7:3」くらいになって混在するのが普通だと思いますよ。

<NGの法則 (これがあったらNG)>

何週間も会えない=NG

・「仕事が忙しい」などの理由で2週間、3週間会えないことはありえません。それは他に優先する事項がある(多くは他の異性がいる)のです。つい先日まで、そのお相手は出会いを探す暇があった人間だということを忘れずに。

→これは相談事例でよく出てくるお話ですね。相談する人は皆さん「自分は違う」と思っておられるようですが、「どんな理由があってもおかしい」と感情抜きでスパッと割り切ることがコツですよ。

月1デートを半年〜1年続けている=NG

・「1ヶ月に1度、食事をするだけのデート」を半年〜1年繰り返しても、付き合えるようになることはありません。

→これもご相談事例で何度も目にしたことがありますね。そもそも上記「2〜3週間会えない時点でおかしい」ことが半年も続くわけですから、実るわけがないのです。

<行動&NGの法則 (この時はこうしよう。そしてダメならNG)>

キスやエッチをしたら、関係を確認をする

・キスやエッチをしたら(誘われたら)「私は○○さんとちゃんとお付き合いしたいと思ってるよ」と伝えて下さい。この時、YES以外の返答をしてくるお相手はそこで終了した方が良いです。なぜなら「付き合うつもりはないけどエッチしたい」と自白しているのと同じだからです。

→出たぁぁぁぁ!これも何度も目にしているお話ですが、自分自身がそうなると、なぜか終わらせることができない人が多いです。上記にある通り、

1.キスやエッチをして、

2.「付き合いたい」と言われて、

3.その場で「はい、付き合いましょう」とならないのは、

4.「付き合わないけど、キスやエッチはしたかった」と言うのと同じです。

ここでズルい男は「付き合わない」ではなく、「付き合“え”ない」と言いますが、(仕事が忙しくて付き合えない、今は独立したばかりで付き合えない、など)誤魔化されないようにしましょう。正しくは「付き合わない」ですからね〜。本当に忙しくて付き合えないなら、出会いの場に来ません。デートしてませんって☆

マッチングサイトを退会する

・付き合うことになったら、2人で一緒にマッチングサイトを退会しましょう。これもYES以外の返答は、その場で終了すべきです。「3ヶ月プランだからまだ退会できない」など、理由になっていないことを言うお相手は全てNGです。

→これはですね、ただ伝えるだけではなく「目の前で2人一緒にやめること」が大事です。例えば、レストランで食事をしている時に「サイト一緒にやめようよ」と伝えて、「うん、そうだね」となったら「じゃ、一緒にやめよう!」と言ってまずは自分がお相手の目の前で退会するのです。その後「じゃあ、○○さんもお願い」と言って退会してもらいましょう。「あとで家に戻ってからやっとくよ」などの逃げ口上を言われたら、「それだといい気持ちしないから、ちゃんと今、目の前でして」と伝えましょう。ここで「疑うの?」と言ってきたり、機嫌が悪くなるようなお相手は論外です。

(だから、それを恐れて言わないのは無意味です)こちらに隠れて異性とやりとりをしているからサイトを抜けられない、そういった理由以外にありませんから、ここできちんとケジメをつけましょう。

そして、まとめ。「成功者のマネ」をしましょう!うまく行っているカップルは、ほぼ上記全ての項目に当てはまります。(NGの項目には当てはまらない、となりますね)だから、自分自身もそうなるように進めていくことが大事なのです。

◆ 交際中のポイント ◆

上記の話もそうですが、マーチン論は「マーチンがこう考えている」というものではありません。2000年からのご相談実績より「成功者はこうなっている」「ダメだった人はこうなっている」という、皆さんの実践上の共通点をお伝えしているものです。そう思ってご覧頂くと、より受け入れやすくなると思います。

こちらも、<行動の法則><NGの法則><行動&NGの法則>でご紹介します!

<行動の法則>

自然に週1.5回以上会えるのが良い関係

・男女交際は「会えてこそ」です。平均週1.5回以上は自然に会えるような関係を目指しましょう。大事なことは週1回では足りない点です。巷の恋愛本やアドバイスでは「週1回会えたら良い」といった意見が目立ちますがマーチン論ではNGです。

どうしてNGなのか。週1回になる人は、例えば週末に会う2人の場合、仮に火曜日や水曜日に仕事が早く終わっても「数日前に会ったし、またすぐ会えるからまあいっか」と遠慮して誘わないのです。この遠慮が2人の間の「見えない壁」となり、本来なら気楽に言うべきことを言えない関係になってしまうのです。結果、本当の信頼関係を築くことができずに、どこか踏み込めないまま終わりを迎えることが多いのです(思い当たる方、たくさんいらっしゃると思います)。

実際、週に2回、3回と会える人たちは「今日早く終わったから家に行っていい?」「今日会いたくなっちゃった(*^^*)」など気楽に言えるのです。こういった壁のない関係ができると、自然に平均週1.5回以上会える(会っている)ようになるのです。

また結婚に至っているカップルの場合、週3〜4回はお泊りをする半同棲状態になる事例が多いです。

→ここはすっごく大切なので、サイトでも丁寧に解説しました。このお話は誤解して受け止めている方が割といらっしゃり、「週1.5回会わないといけない」という話ではないのです。よい関係が築けていたら自然と週1.5回になるので、そうなるようなお付き合いを目指すことが大事、ということです。(ありがとう法や、良い意味で遠慮しない関係を築くなどです)無理やり回数を増やせばよいわけではありませんので、そこはご注意下さいね。

遠距離カップルの理想的なデート頻度は?

・遠距離恋愛のカップルは平均月2回、1回会えば二泊三日が基本です。また三連休やGW、年末年始といった大型連休は「会って当たり前」の意識がお互いにあって普通、という状態になっていたら良い交際が出来ており、結婚に繋がる可能性が高いです。

→遠距離の方はこちらを目安にすると良いです。また、連休の過ごし方については、近距離でのお付き合いでも、基本同じだと思って下さいね(多少ゆるくなる程度)。

LINEやメールの頻度は

・LINEやメール等、連絡はおよそ毎日〜1日置きには取り合うのが普通です。「3〜4日連絡を取っていない」という状態がザラにあるようでは、お互いが交際に向き合っていないと言えます。

→基本、この通りだと思って頂けたらよいでしょう。但し、これには例外があり、本当にしっかりした信頼関係がある場合に、会う時にしか連絡を取らない、という事例があります。

わかりやすく言いますと同性の親友です。本当に困った時や、会う時にしか連絡を取らない人がいますよね。特に男性同士だと、ほぼそうなると思います。これと同じような状態になるということです。

どちらから連絡を取るとうまくいくの?

・一般に、女性から連絡をする方がコミュニケーションは安定します。男性は用事がないと連絡をしない人が多いためです。また、男性がひとり暮らしの場合は、女性が男性の家に行く形で交際が安定する人が大半です。「通い妻」という言葉はありますが、「通い夫」という言葉はありません。そういうことなのです。

→昔から言われている言葉は、やっぱり本当にそうだから、そういう言葉が言い伝えられているのだと思います。他には「胃袋を掴む」「女は愛敬、男は度胸」「男はケモノ、女は魔物」などがありますよ〜。 ←これは僕が作りました☆

会うたびに「お泊り」で大丈夫なの?

・「会ったらお泊りが当たり前」という状態が好ましいです。お泊りがないと単なるデートですが、お泊りは生活を共にするイメージになり2人の距離を縮めることに役立ちます。また、それが結婚を意識することに繋がります。

→女性が実家暮らしの場合、実行しづらい人が多いようですが、だからと言って努力しないままでは、最終的に自分で自分の首をしめることになると思います。ですので、意識して何とかお泊りを組み込むように心がけていきましょう。月2回はあると、結婚を意識しやすい交際になると思いますよ。

手料理を食べてもらったほうがいい?

・女性はぜひ手料理をたくさん振る舞ってください。手料理なしで結婚に繋がることはないと思った方が良いです。男性がひとり暮らしならもちろんのこと、男性が実家でもお弁当を渡す女性、魔法瓶にお味噌汁を作って持っていく女性もいます。

手料理がとても美味しいと「また作ってちょうだい」「外で食べるよりキミが作ってくれた方が美味しい」と言われるようになります。こうなると結婚にリーチです!

→過去の成功事例でこういったお話を何度も目にしたことがありますね。また上記のお弁当やお味噌汁の話は、最近ではマイケルの彼女さんが実行して、マイケルの心を射止めています(笑)

交際のお金はどちらが出すべき?

・いい男、いい女は例外なくお金を出します。交際にかかるお金はお互いが出し合う気持ちでいましょう。

→お相手がお金持ちだとしても、自分のことは自分でする意識でいましょう。お金を持っている人こそご馳走する機会が多いので、「いい人はどういう対応をするか」を身をもって体験しています。これに気づかない女性が多いです。

千原ジュニアでしたっけ? 結婚を決めたキッカケは、奥さんとのデートで帰り際に渡したタクシー代のおつりを、後日返してきたお話。

…………。 ←調べてます。

ああ、そうですね。これです。 2015年11月10日号です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「われわれの飲み会に来る人は、芸能人に慣れている。タクシー代をこっちが出すのを当たり前だと思っている人が多いから、そうじゃない(ちゃんとお釣りを返してくれる)人のほうがいい」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

千原さんのお話には、次のようなエピソードもありました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「かつての交際相手と破局したのも、女性側の金銭感覚が原因だったと番組で明かした。2人でアクセサリーを買いに行ったとき、同じ形状ながら値段がピンからキリまである中、“どれでも選んだら”と促された当時の交際相手は一番高いピンを選んだのだという。その時点で心のシャッターを降ろした」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

会うたびエッチしてるけど、大丈夫?

・交際中、エッチは「会えばする」のが一般的です。

→今更ですが「会えば毎回する=体目的じゃない?」なんてことは言わないように。セックスレスで悩む人の方が、遥かに多いですからね。

<NGの法則>

会う回数が少ない交際は、セフレ以上になれない

・どんな理由であれ、月1回しか会えない関係はセフレ以上になれません。2週に1回しか会えない関係も残念ながら同じです。こういう方々でご成婚に至った事例は、当サイトでは過去に1件もありません。

→これは、ホントに17年間の中で1件も見たことありません。「そうだよね……」という感じで、それ以上の説明は不要だと思います。

10日会えないのは、ありえない

・ちゃんとした交際ができている場合、「10日間会えない」ということはまずありません。年に1〜2回程度あるのは仕方がないかもしれませんが、何度もあるのは明らかに不和が生じています(遠距離恋愛を除きます)。

→「ええ?」と感じてしまう人もいるかもしれませんが、これも実際の事例としてご成婚に至るお2人で10日間会わないという状況が、日常的にある人は見たことがありません。この章の冒頭でお話しましたように、こういったお話は「マーチンがそう思う」というものではなく、実際の事例としてそうなっているという統計です。

家に入れてくれない男はNG!

・男性がひとり暮らしで家に入れてくれない場合、どんな理由があってもNGです(要するにウソです)。まず間違いなく他の女性がいると考え、それでも頑張るのかそれならやめるのかを真剣に考えましょう。

→これは17年間で1例だけ例外がありましたが、ざっと4万件に1件だと計算すると、例外率は 0.0025%。つまり99.9975%はNGだということです。う〜ん、これだと100%と考えて差し支えないレベルだと思います。

そういえば、つい先日リアル恋愛教室でNG事例がありました。

初デートの3週間後、5回めのデートで彼にお泊り(エッチ)に誘われたのです。女性もそのつもりだったので、「じゃあ、あなたの家に行きたい」と言ったのです。

「この後どこかでゆっくりしたいな、赤坂辺りのホテルとか」

「あなたのお家がいいな」

「家は……そうだよね……」

「(汚いのかなと思い)来週でもいいよ(^^)」

「来週……うーん……」

となって、煮えきれないままお茶となり解散したのです。 ←えーっ!?

これ、この時点でおかしすぎます。女性はエッチOKと言っているのと同じなのにお泊りが流れてしまうのは、後ろめたいからです!それ以外にありません。悪人だけど、悪人になれなかった男。そんな感じだと思います。

結局、その後も何度もデートするのですが、一度もエッチに誘われることがなく。2週間後くらいに、女性から「もっと一緒にいたい」と誘ったところ、困ったように「それは……明日も仕事だし」と言われて、その後は既読スルーになりました。

最終的に下記のLINEを送ったところ……(マーチン作です)

「○○さんてお付き合いしている人がいるのかな?もしそうだとしても、私は○○さんの彼女でいたいのでこれからも仲良くしたいと思っています。よかったら本当のこと聞かせてください」

5日後に来た返答がこれ。

「ごめんなさい そーゆーわけじゃないんだけど、ちょっとね、、なんか心がついてこなくなっちゃって、、ほんとゴメンナサイ」(原文ママ)

文章みたら伝わりますよね、全然向き合っていないことが。家に入れてくれない男なんて、こんなもんですよ〜。チャンチャン♪(苦笑)

彼氏の友達に紹介されたら安心していい=ウソ

・女性は、彼がお友達に紹介してくれると安心する人が多いですが、ほとんど意味はありません。「紹介してくれたから、彼は私を彼女として認めてくれている」なんて思わないようにしましょう。それよりも、「週1.5回の法則」「彼の家に行けること」「会えばお泊りが前提」「基本毎日連絡を取る」などの方が遥かに重要です。

→上記の通り「紹介してくれたから、彼は私を彼女として認めてくれている」ということには全然なりません。いつだったか、「恋愛の技あり有効一覧表」がありましたよね。(今年の4/11号です)あれで言うなら「無効」ですよ☆ ←有効ですらない

幸せの不安の割合に注意しよう

・ちゃんとした男女交際は「基本楽しくて幸せ、時々不安」になるものです。これが「基本不安で、時々幸せ」の場合、ちゃんとした交際になっていないです。

→「基本不安で、時々幸せ」の場合、向き合ってくれていないお相手との交際である可能性が非常に高いです。頭ではわかってるのに、信じたいものをみようとするとそうなりますので、まず正しい現状認識をしていきましょう。これが次のポイントに繋がります。

交際中、相手に違和感を感じたら

・違和感に向き合いましょう。

信じたいものを見るのではなく、正しい現状把握をして、

改善の余地があるなら改善の努力をする。

改善できないなら、それを踏まえてどうするのが良いか、を考えて行動しましょう。

→目を逸らさずに「違和感に向き合う」ことが、とても大事だと思います。この違和感に向き合うというのは、「シロクロ付ける」という話ではありませんのでここを間違えないようにしましょう。

「違和感に向き合う」というのは、自分自身が目を逸らさずに事実を把握することでお相手にそれを突きつけることではありません。例えば、先程の教室の事例ですと、「彼が家に入れてくれないこと」が違和感です。これについて対策を考え、下記のように伝えたのが良い対応なのです。

「○○さんてお付き合いしている人がいるのかな?もしそうだとしても、私は○○さんの彼女でいたいのでこれからも仲良くしたいと思っています。よかったら本当のこと聞かせてください」

ちなみに「シロクロつける」というのは、「他に女の人がいるの?」と問い詰めるだけの行動です。これだと、その先の展開は運任せになるので改善案とは言えないのです。

まとめ・一番大事なポイント

こうして見ていきますと「違和感に向き合う」というのが、全てに共通する根本的な姿勢として、大事な点だと感じました。

・会える頻度の話

・付き合うことが決まる&決まらないの話

・連絡がきちんと取れるかどうかの話

・家に行けない話

・サイトを退会する話……などなど、です。

向き合ってくれるお相手とお付き合いすることが、幸せになるためには大事ですが、それよりも先に、まず自分自身が交際に向き合って頑張っていきましょう。

<人気バックナンバーのご案内>

/人気TOP5/

1.イイ男、イイ女&気づかいの極意

2.男女心理のズレを学ぶ、相手の心理を読む

3.彼、彼女に愛を伝えたいときのテクニック

4.ベッドシーンで役立つ(秘)テクニック

5.復活愛

image by: Shutterstock

 

『マーチン先生の恋愛教室PREMIUM』

著者/恋愛相談師マーチン(記事一覧/メルマガ)

【-カケヒキをして幸せになりました。そんな話をあなたは一度でも聞いたことがありますか-】論より証拠。TVのお見合いパーティで、カケヒキをしている女性を見たことがありますか?「がっついたから嫌われた」そんな女性を見たことがありますか?間違った恋愛法、ズレた心配から卒業しましょう。恋愛教室は創設18年、のべ1万人を超えるご相談実績から生きた恋愛法、「ありがとう法」をお伝えしています。

出典元:まぐまぐニュース!