Appleは現地時間7月19日、iOS10.3.3、macOS Sierra 10.12.6、watchOS 3.2.3、tvOS 10.2.2をすべてのユーザーに向けて正式にリリースしました。

iOS11前の最後のソフトウェアアップデートか

Appleのリリースノートには、「iOS10.3.3にはバグの修正およびiPhoneまたはiPadのセキュリティの問題の改善が含まれます」と記されています。
 
Appleは現在、今秋リリース見込みのiOS11の開発を進めており、iOS11に対応しないiPhone5/5c以前のiPhoneなどの古いハードウェアの場合、iOS10.3.3はおそらく最後のソフトウェアアップデートになると思われます。
 
メジャーアップデートとなるiOS11では新機能の追加や修正が100以上行なわれることがわかっています。

次のリリースはmacOS High Sierra

macOS Sierra 10.12.6も、今秋リリース見込みのmacOS High Sierra前の、最後のソフトウェアアップデートになると見られています。
 
macOS High Sierraでは、iOSでは移行済みの新たなファイルシステムAPFSへの移行が行われるほか、同OS上で動作するSafariが非常に高速化することなどが発表されています。

tvOSとwatchOSもリリース

tvOS 10.2.2も、秋にリリースされるtvOS 11前の最後のソフトウェアアップデートになりそうです。tvOS 11ではAirPodsとApple TVが自動的にペアリングするなどの新機能が追加されます。
 
watchOS 3.2.3についても、秋に正式公開が予定されているwatch OS 4前の最終アップデートとなる見通しです。
 
Apple WatchをiPhone5/5cと組み合わせて使用しているユーザーの場合、watchOS 4へのアップデートにはiOS11が必須となるため、注意が必要です。先述したように、iOS11はiPhone5/5cをサポートしないためです。
 
 
Source:Apple
(lunatic)