本田翼(C)モデルプレス

写真拡大

【本田翼/モデルプレス=7月20日】お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が主演し、女優でモデルの本田翼がヒロインを務めるドラマ「わにとかげぎす」(毎週水曜 深夜23時56分〜)の第1話が19日、放送された。本田の体当たり演技が話題を呼んでいる。(※以下、ネタバレあり)

【さらに写真を見る】本田翼、有田哲平に超接近!びしょ濡れ姿も…

同作は、「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」「ヒメアノ〜ル」などで知られる漫画家・古谷実氏の連載6作目となる同名コミックが原作。ショボクレ警備員の富岡ゆうじが“没な人生”にお別れするため「友達作り」に奮起するも、次から次へとアクシデントが起き、人生が思わぬ方向へと向かっていくストーリー。主人公・ゆうじ役の有田は、今回が連続ドラマ初主演となる。

◆第1話あらすじ<※ネタバレあり>


深夜のスーパーマーケットで警備員をしている富岡(有田哲平)。彼女なし、友達なしの人生を送ってきた彼のもとに、ある日「お前は一年以内に頭がおかしくなって死ぬ」という謎の脅迫状が届く。孤独に襲われる富岡は、ある夜、流れ星に「友達が欲しい」と願うのだった。

そして現れたのは、謎の隣人女性・羽田(本田翼)。羽田は富岡に一目惚れしているようで、壁越しに聞き耳を立てて富岡の動きを把握。富岡がアパートに帰ってくるのが足音でわかると、シャワー中にもかかわらずびしょ濡れのまま部屋を飛び出し、偶然を装って富岡と接触しようとする。

そして次に富岡が出会ったのは人生放浪者と称するホームレスのオヤジ(光石研)。オヤジを助けたことをきっかけに親しくなった富岡は、オヤジから「友達だ」と言われ、“初めての友達”に舞い上がる。しかしオヤジは取り立て屋に負われており、富岡も事件に巻き込まれてしまう。

◆本田翼の体当たり演技に視聴者興奮


美人だがエキセントリックな性格の羽田を演じる本田は、シャワーシーンで肌を露出したり、パンツをのぞかせたり、富岡演じる有田に覆いかぶさって倒れ込んだりと、原作にある際どいシーンも体当たりで演じており、「ばっさーがエロい」「こんな翼ちゃん初めてみた」「本田翼がかわいくて狂ってていい」「ばっさーの色気がダダ漏れ」「怖くてミステリアスで美しい本田翼、控えめに言って最高」と初回から視聴者の興奮を呼んだ。

また、テンポよく進むストーリーや富岡のコミカルなシーンも「展開が読めなくて超おもしろい」「30分あっという間!早く続きみたい」「有田さんの富岡、めっちゃハマってる」などと反響。水曜日のカンパネラ・コムアイや、俳優の吉村界人、人気ラッパーのDOTAMAなど、初回登場シーンは短かったものの今後ストーリーを大きく動かしていきそうなキャラクターも多く、「来週めちゃくちゃおもしろそう」「これはハマる」と期待の声があがっている。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】