セオリー 2.0

写真拡大

 ニューヨークのファッションブランド「セオリー(Theory)」が、ミレニアル世代(1980年代から2000年代初頭に生まれた世代)に向けたカプセルコレクション「セオリー 2.0(Theory 2.0)」を発表した。
 「セオリー 2.0」は、「ミレニアル世代が選ぶもの」「どんな場所にも着ていける、シーンを選ばない服」がコンセプト。ウオッシャブルやしわになりにくいといった機能をデザインに落とし込み、従来のセオリーに比べて3〜5割低い価格帯となる。
 伊勢丹新宿店では9月6日から12日まで、西武渋谷店では10月24日から30日までの期間中、新作アイテムのサンプルが展示されるイベントを開催。いずれも店頭では試着のみで、オンラインストアを通じて販売する。