@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

ベビーNSX、ライバルはマツダ・ロードスター

ホンダは、ミドエンジン・コンバーチブルスポーツカーの意匠登録を行った。

これは、同社が “ベビーNSX” を開発中であるという噂を裏付けることになる。マーケットを争う相手は、マツダMX-5(日本名:ロードスター)だ。

前、横、後ろ、真上からのスタイリングイメージ

われわれが入手したパテントイメージには、

・短いフロントノーズ
・長いリアセクション
・ミドシップの特徴である車体後部のルーバー/エアスクープ

が確認できる。

ベビーNSXの姿 「サイド」編

これらの画像は、ホンダの新型スポーツカーに関する噂に、再び火をつけることになる。ただし、フロントエンジンであったS2000の後継モデルという憶測は、否定されたことになる。


ホンダがミドシップを選択した理由としては、NSXとプラットフォームなどの共用を考えている可能性がある。

ベビーNSXの姿 「リア」編

ホンダのフラッグシップモデル「NSX」は、V6+ハイブリッドというドライブトレインを採用している。


そのことを考慮すると、ベビーNSXには、

・コスト面に配慮
・シンプルな内燃エンジン搭載
・後輪駆動パッケージに対応

という選択肢が考えられる。

ベビーNSXの姿 「トップ」編

パワートレインの候補は、

新型シビックの1.5ℓ4気筒ユニット
新型シビック・タイプRの2.0ℓターボユニット

の2種類だ。


前者ならば最高出力180psレベルを期待できる。後者ならば320psを発揮できるが、2シータースポーツカーともなれば出力を抑えることも考えられる。

なお、先日AUTOCARの取材に応じたホンダの関係者は、本件に関して一切口を開いてくれなかった。