この秋の発売が見込まれる有機EL(OLED)搭載のiPhone8は、2018年度のAppleの売上を15%押し上げるという予測を、UBS証券のアナリストが明らかにしました。

iPhone8は11月発売、価格は900ドルから

UBS証券のアナリスト、スティーブン・ミルノビッチ氏は、最近浮上しているiPhone8の発売が9月から後ろにずれ込むという予想に追随、11月に発売されると予測しています。
 
その上で、価格はストレージ容量64GB版が900ドル(約10万円)からとし、また256GB版については1,000ドル(約11万円)を超えると見積もっています。
 
そしてこの10万円を超えるiPhone8が、2018年度のAppleの売上を15%増やすだけでなく、同社の株価を最高170ドルまで押し上げるだろう、と述べています。

競争を考慮した価格設定に

iPhone8の価格については、一番少ない容量のモデルでも1,200ドル程度になるとの予測も出ています。しかしミルノビッチ氏は自らが5月末に明らかにした、最低価格は870ドル、256GBモデルは1,070ドルという予想をほぼ変えていないようです。
 
ミルノビッチ氏は、OLEDモデルがもっと高額になる可能性はあるものの、Appleは他社の高性能スマートフォンとの競争を考え、最低価格が1,000ドルを超えるような、高額な価格設定を行なうことはないだろうと見ています。
 
 
Source:AppleInsider
Photo:Marin Hajek
(lunatic)