朝鮮中央通信(KCNA)が配信した、麻田海水浴場を視察する金正恩朝鮮労働党委員長(撮影日不明、2013年6月1日配信)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】北朝鮮の観光当局が、海外に向けて自国を旅行先としてアピールするウェブサイトを開設した。同サイトは英語や日本語など数か国語で閲覧可能となっており、サーフィンや田植えなどが紹介されている。その一方で、米当局は自国民に対し、収監されるケースが複数発生したとして北朝鮮への渡航を控えるよう強く警告している。

 北朝鮮国内で拘束された米国人はこの10年で16人に上り、その中にはホテルから政治的なポスターを盗んだとして昨年3月に有罪判決を受け、今年6月に昏睡(こんすい)状態で釈放され帰国し、その数日後に死亡した学生、オットー・ワームビア(Otto Warmbier)氏(当時22)も含まれている。

 その一方で、北朝鮮の国家観光総局が運営するサイト「DPR朝鮮ツアー(DPR Korea Tour)」では、首都平壌(Pyongyang)を含む同国各地のパッケージツアーの他、より非日常を味わいたい旅行者に向けて「テーマ別観光」として複数のツアーを紹介。

 また麻田海水浴場(Majon Bathing Beach)など、条件および水質が良好ゆえに「観光客の間でサーフィンが人気となっている」東海岸のビーチをチェックするよう勧めている。

 さらに、飛行機や鉄道の路線といった旅行に関する基本情報の他、乗り合いタクシーやバスといった公共交通機関で平壌周辺を移動する方法も案内されている。

 しかし、韓国語の他、英語、中国語、ロシア語、日本語に対応している同サイト(tourismdprk.gov.kp)では、旅行ツアーの予約などは行えず、ツアーを手配する海外の旅行会社のリストも示されていない。
【翻訳編集】AFPBB News