新しい恋は”お試し期間”?彼女ができても「保守的男子」が元カノと関わり続ける理由とは

写真拡大

【相談者:30代女性】
最近、彼女と別れたばかりだという男性と付き合いはじめました。
前の彼女とは連絡も取っていないと言ってくれてはいるのですが、なんだか怪しいところがあって。
いろいろ調べてみたところ、どうやら陰でコソコソしているみたいなんです。

やっぱり二股されているんでしょうか?

●保守的男の付き合いはじめは、お試し期間の可能性が……。

ご質問ありがとうございます。
人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

彼女と別れたばかりの男との付き合うと、心配ごともたくさん出てくることでしょう。
「今でも元カノと連絡を取っているんじゃ!?」といった疑いや、「すぐに元カノに戻られてしまうんじゃ?」といった不安などなど。

実は「保守的なタイプの男」と「恋愛経験の少ない男」は、元カノとの接触を続けたり、元カノに戻りたがる傾向があります。

前者は保守的な性格のあまり、新しい彼女との刺激的な時間よりも慣れ親しんだ元カノとの時間のほうが良かった と思い直し、新しい恋に向かう「攻め」よりも、前の恋にすがる「守り」を優先してしまうからなのです。

また恋愛経験の少ない男は、「もう次の出会いはないかもしれない」という心配を常に抱いているため、長続きするか分からない「新しい恋」よりも、長続きしていた「前の恋」に安定感を求めてしまう のです。

こういったタイプの男は、新しい彼女ができたとしても、元カノのことをキープしていたり、時には平気で二股をしたりもします。
保守的な男だなと感じる場合、付き合いたての彼の動向はしっかりとチェックしておきましょう。

ここでは恋愛に対して保守的だと感じている男性3名に、新しい恋がはじまったときの、元カノとの向き合い方を語ってもらいました。
その実態をご覧ください。

●(1)元カノをキープしておく

『新しい彼女ができたとしても、相性が合わない可能性がありますよね。だから、前の彼女のことはキープしながら、しばらく様子を見ますね』(31歳/営業職)

保守的男にとって最も恐れているのが、次の恋人と相性が合わなかったらどうしよう、不安に苛まれてしまうことです。
慣れ親しんだ元カノを捨ててまでリスクを負う必要があるかどうか、常に自問自答しているものなのです。

そうなると、新しい恋はお試し期間。
元カノをキープしたまま、新しい彼女が元カノよりも相性が合うかどうかをチェックしている可能性 があります。
新しい恋人はチェックされた上で、相性が合わないと判断されるやいなや、フラれてしまうことになります。

付き合いはじめた彼が保守的なタイプの場合、お試し期間を設けられる可能性があります。
お互いが恋人と別れて新しい恋に向かう場合は、はじめは女性側も様子見をしておくほうが傷つかずに済む かもしれませんね。

●(2)元カノに今カノの愚痴を聞いてもらう

『元カノに今の彼女の愚痴を聞いてもらったりします。そうすることで、逆に付き合っていた頃よりも元カノとの仲が深まったりするんですよね』(28歳/飲食)

保守的男の傾向として多いのが、元カノと別れたあとも元カノとの仲を深めようとすること。
新しい彼女とは相性が合わず、すぐに破綻するかもしれません。
その保険を元カノにかけておこうとするんですね。

元カノの中に彼への未練が残っている場合、彼から聞かされる新しい彼女の愚痴を復縁のチャンスだと感じてしまうこともあるでしょう。
いつか彼は自分のもとに戻ってくると信じたくもなりますよね。

新しい彼女と付き合っているのに、元カノをキープしておく。
ダメだと判断すると元カノに戻る。そのために元カノとの絆も深めておく。